トラウマのフラッシュバックの仕組みの話

2020年04月05日

TA・交流分析では、自我状態図を使っていろいろ考えるのですが、

トラウマのフラッシュバックについて、この図を使って考えてみます。


私聞風坊のフラッシュバックの様相は、

自分が過去にやらかしたことが急に頭のスクリーンにわき起こり、

全身が緊張に包まれ、

いたたまれなくなってしまうものです。

罪悪感とか、罪責感とかがとても強く、
自分を罰する気持でいっぱいになります。

幼い頃の至らなさからだった。
そのときは、ストレス抱えていてしょうがなかった。
もう繰り返してないんだから、自分をゆるそう。

と対処してきましたが、今ひとつ効果がないんです。

どうしたものかと思案の日々でしたが、

最近、ふと思いつきました。

あぁ、自分にはやらかす性質があるんだ。
加害性があるんだと。

聖人君子クラスの穏やかな清い人間ではなく、どちらかというとヤンチャ系。チョイ悪。

それが自分なんだとミョーにふに落ちました。

すると、なにかしらつっかえが取れた感じ。

だからこそ、今とこれからをまっとうに生きよう。
そう思うことで、楽になりました。

とはいえ、やはりフラッシュは続きます。

そのため、またしばらく思案の日々だったのですが、
あるときふとひらめきました。

人権無視、暴力、暴言、心ない仕打ちは自分がさんざんやられたことです。

それを反面教師として、自分はそんなことをしない人間になろうと決めたのでした。
遠い昔に。

そんな私にとって、悪いことはゼッタイに許されないこと。
もし許してしまったら、自分を傷つけたあの人たちと同類になるからです。

だから、ゼッタイに許せない。
やってしまったことはものすごい懲罰で償い続ける。

何度も何度も思い出し思い出し、自責自罰続ける。

そうして、自分を律するのです。

お前やったよね! 許されないことやったよね!
もう二度としないように、懲らしめないとね!
それ、分かってるよね!

TA・交流分析では、
こんな風に、
幼い子が怖い魔法使いから脅されて言うことを聞くような感じで、
自分を脅して社会に適応するように仕向けるのは、

魔法の親(P1)の仕事と言われています。

魔法の親は、
やるな! の
禁止令を発して、ついやらかしてしまった私(C1)を怯えさせていたのでした。

この状態が、
今ここの意識(A2)に侵入してきて、フラッシュバックを起こしていたようなんです。

さて、
このフラッシュバックのメカニズムが分かった途端、
ふっと解放された感じがしました。
過去の自責体験として、あるべき場所(C2)に収まった感じ。
だから、今ここの生活(A2)に侵入しなくなった。

これからは、
フラッシュバックも、きっとそんなに強烈な自責の念は感じないようになるでしょう。

強烈な体験型の記憶ではなくて、
昔の、やらかした記憶として穏やかな謝罪の気持ちをともないながら思い出すようになるのかもしれません。

とはいえ、別のメカニズムでの自責の念は起きるかもしれません。そのときはまた新しいワークを考えましょう。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)交流分析トラウマ