自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話

2020年03月09日

およそ自立支援というと、

就労支援なんです。

なぜかしら。

自立支援をうたっているところで、仕事の話にならないところはまずありません。

だから、
ひきこもりの自立支援も、
ニートの自立支援も
困窮者の自立支援も
障害者の自立支援も
母子家庭の自立支援も
非行少年の自立支援も

就労支援の範疇になります。

就労支援。
それは、経済的自立と呼ばれる自立の1形態のみの支援なんです。

経済的に誰かに何かに庇護されず、自分の力でやっていけるようになる。
それを支援するのが経済的自立支援である就労支援なんです。

そこで、
他の形態の自立支援をいろいろ考えてみました。

他人の中で自力でやっていけるようになる。
ことを自立と定義するならば、

親の庇護からの精神的自立、
があります。

これは、
親の庇護という管理下からの自立。
自己責任を担い自由になることでもあります。

不自由からの自立と考えると、
病で不自由な生活を強いられている人が、病を治すことでの病からの自立。健康自立。
もあるかもしれません。

強いられている状態からの自立と考えると、
暴力などの力によって不自由な生活を強いられている人が、自力に目覚め脱出することで抑圧からの自立。自由自立。
もあるかもしれません。

無知蒙昧からの目覚め。未熟からの自立と考えると、
知識や技能が不足しているばかりに不遇を託っている人が、知識を深め技能を高めることで不遇を脱する自立。無知からの自立。
もあるかもしれません。

苦境からの自立と考えると、
苦しみの中にいる人が、労われ、癒やされ、自信を得て、今より楽な気持ちで暮らせるようになる苦しみからの自立。

ざっとこれぐらいの自立の形態を思いつきました。

そんなこんなで、改めて自立支援を考えると、

就労支援、医療支援、被害者支援、学習支援、心理支援、宗教・信仰的支援など、
およそ対人支援は、人のいろいろな自立を支えていく行為なのだろうと思ったのでした。
  
タグ :自立


どうすれば気がすむのか? 知っていると世の中は渡りやすいんじゃないか。

2020年03月05日

 ぐずったり、

 だだをこねたり、

 ブチキレたり、

 黙り込んだり、

 ひきこもったり、

 ドライブしたり、

 釣りに行ったり、

 カラオケしたり、

 自己主張したり、

 ってのは、

 不満を解消するための行動でしょう。

 なんかイヤなことに出会って、

 不快な気持になったので、

 泣きわめいたり、

 暴言はいたり、

 ウォンビーロングを絶唱したり、

 するのでしょう。

 大事なのは、

 それで気がすむのかどうか?

 一時のストレス解消だけの効果しかないかどうか?

 そして、その行為が引き起こす悪い影響。

 をしっかりチェックすること。

 自分の気がすんで、自分や周囲の大きな悪い影響を与えない方法であれば、
 そのやり方は望ましいのでしょう。

 そうじゃないのならば、別の方法を身につけることが大切です。 


 ピンチの時など、
 自分の取り扱いに長けた人は、

 この、

 自分が気がすむ方法。
 をよく心得ている人のように思えます。 
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

予防という発想がおぞましい話

2020年03月01日

介護状態予防。インフルエンザ予防。メタボ予防。ガン予防。
新型コロナ感染予防。

不登校予防。ひきこもり予防。ニート予防。

非行予防。退学予防。

困窮予防。虐待予防。

世の中は予防が盛んです。

私たちは、なぜこんなにもいろいろなことについて予防するのでしょうか?

それは、
予防したい状態がとっても苦痛だからみたいです。

介護や看護が必要な状態は、心と身体の苦痛を伴います。

困窮や虐待もそう。

ありていに言えば、
それらは悪い状態です。
悪い状態にならないように予防する。
そういう発想でしょう。
おおむね納得いきます。

一方で、不登校やひきこもりの場合はどうでしょう?

そのほとんどが、
学校にいる状態、社会にいる状態が苦痛だから、
自宅などの学校や社会以外の場にいることを選んだ状態です。

つまり、苦痛は軽減している。
だから、苦痛ばかりの学校や社会にいるよりは健康なんです。

ありていに言うなら、
不登校状態やひきこもり状態は、よい状態なんです。
健康的な状態と言ってもいいくらい。

すると、
不登校やひきこもり状態になるのを予防するいうことは、
よい状態になるのを予防するということになります。

なんだかよく分からない話です。

※非行の場合は、
非行することで痛みが軽くなる、痛みから(一時的に)逃れられる、学校や社会か家庭にはないけど非行グループの中に居場所がある。
だから非行していると解釈されます。

また、
不登校してる人やこもる人の中には、不登校やひきこもりが自分たちらしさと重なる人たちがいます。
学校や社会に行かない今の状態が、まさに自分らしい生き様だという風に。
不登校やひきこもりじゃなくなったらそれはもう自分じゃない! というぐらいに。

そんな人たちは、
不登校やひきこもりの状態だからこそ、かろうじて自分はこの世に存在できている。
そう思っているかと思います。

ところが、
不登校・ひきこもり予防となると、そういう生き様、自分らしさは、イケナイことになります。
ありていに言えば、
悪い。
そんな存在の仕方は。

だから、予防せねばと発想するのですものね。

不登校、ひきこもり予防。
これを、
不登校やひきこもりが自分たちの生き様、存在形態になっている不登校の人やこもる人はどう受け止めるでしょう?

自分たちはイケナイことをしているイケナイ存在なんだ。
社会からは認められていないんだ。

学校や社会や家族や支援者や大人たち・・・は、
自分たちをウィルスみたいに駆逐しようとしているんだ。
との想いを抱きそうだということは想像に難くありません。

実際問題として、
不登校やひきこもりは社会の悪い見本として認識されているようですから、無意識に駆逐撲滅の対象とされているようです。

不登校やひきこもりしない社会の実現を目指すとき、撲滅の無意識が働いているように思えます。

だって、
不登校のまま暮らせる社会、ひきこもっていてもやっていける社会の実現。じゃないですもの。

不登校、ひきこもりの予防。
この発想には、こんなおぞましさが潜んでいるんです。

気をつけましょう。
とりわけ、予防に熱を上げる研究者の人たち。
予防じゃなくて、学校や社会でやっていける方法を開発することが、結果的に予防になるように思いますよ。