読む聞く想像する力についての本を2冊読んだのでした。

2020年03月21日

ケーキの切れない非行少年たち (宮口幸治著 新潮社 2019)
https://www.shinchosha.co.jp/book/610820/
※出版社新潮社さんのサイトです。

を読んだのでした。

非行少年を例にして、社会で暮らしていくことがうまくできない理由、
他人の中でやっていくのにとても苦労する理由、
を、
読む力、聞く力、想像する力の視点から解説しています。

コグトレという3つの能力を高める練習プログラムも開発されています。
http://www.cog-tr.net/
コグトレ研究会のサイト

私聞風坊も試しにやってみたら、聞く力が弱いことに気づいたのでした。
音は聞き取れるのですが、何を言っているのかの理解が難しいタイプ。
そういえば子どもの頃、人の話がよく分かりませんでした。
復唱はできても、どうしたらいいか行動に移せない。

身動きできず固まることもしばしば。

聞こえに問題があった。
このことから別の情報を仕入れました。

APD(Auditory Processing Disorder)・聴覚情報処理障害です。

APDの理解と支援(小渕千絵・原島恒夫編著 学苑社 2016)
https://www.gakuensha.co.jp/40785.html
※出版社学苑社さんのサイトです。
聴覚自体には問題はないのに、聞き取りに困難を覚えるのですね。
騒音の中では会話しづらいとか、聞こえているのに内容が分からないとか。

いろいろ困難の形はあるのだなと思ったのでした。

ちなみにどうすればいいかは、
練習での機能アップと他の能力の助けを借りるのが基本みたいです。

私は、集中するために目をつぶって聞いたり、
図解したり、実際に動作をやってみたりしてます。


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介