ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと

2020年01月31日

医療や心理の専門家からの新しい視点として、

ひきこもりが始まった年齢。
によって、支援の力点を考える。

と言うのがあります。

心や身体の病気などは必ず考慮しつつ、

ひきこもり始めた時期が、
小学生ならば、集団適応が課題だったか?

中学生ならば、思春期特有の問題か?

就職前ならば?

社会人になってからならば?

中年期にさしかかってからならば?

これを、
他人の中でやっていける力。
の視点で見ると、

中年期頃に初めてこもりだしたのならば、
それまでいろいろ苦労はあったにしてもなんとか他人の中でやってこれていた。
と考えます。

にも関わらず、他人と関わることから撤退するのならば、関係を作る能力よりも、
自身の肉体の衰えや、精神的不調、家族の看護介護、再就職の難しさ、などがこもる主な要因ではないかと見立てます。

一方で、10代前後の頃ならば、成長過程での課題にうまく取り組めないことから、
他人と関わることから撤退したのではないかと考えます。

前者は、医療や今の状態で暮らしていけるようになる支援が有益でしょう。
後者は、社会的な関わりにより、他人の中でやっていく経験を重ね、スキルを身につけることが有益でしょう。

こんな風な視点です。
社会をあまり知らない10代のこもる人の支援と、社会を知っている50代の人の支援を、
同じやり方でやるのは直感的におかしいというのは誰しも分かるはず。

フォーラムでは、深掘りしませんでしたが、
支援者養成では肝心要となる予感です。

当日配付資料p1

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏7 期待のこと

2020年01月28日

居場所の議論の関連で、

期待に応える応えないで意見交換がありました。

支援者の期待に応えなくていい場として居場所はある。
と言いながら、
社会性の獲得とか、そこを拠点にして社会参加するきっかけとなる。
とかの期待が居場所には実は込められているよ。
みたいなやりとりのときでした。

親の人は我が子の重圧となるので、
期待しないようにしている人が多いらしいのです。

でも、私聞風坊が、
期待されない人生もつらいものがあると言えば、

じゃ、期待していいの?
と戸惑いが走りました。

期待するしないのどちらか一方しかない。のではないんです。

どの程度期待するか?

期待するにしても、
期待に応えなくてもイイという前提で期待する。
と言うことなんです。

これが難しいようです。
親には。

そして一番大事なのは、
期待に応えるか応えないか。
どの程度応えるか、
どの期待に応えるか。
は子が決めるってこと。

この境界が分からないようです。
親は。

ちなみに、
誰からの期待か?

で期待に応える気持ちは大きく左右されますね。
好きな人の期待には応えたいし、
嫌いな人ならそもそも聞く耳持たないかも。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)ひきこもる発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと

2020年01月25日

ある当事者が、望まぬ支援として「福祉臭のする支援」という言葉を使ったそうです。

これが、全国結構な話題になっているんです。

当事者ならば感覚としてなんとなく分かります。

でも、支援者、特に福祉系の支援者は戸惑っているようです。

だって、自然と職業特有の臭いはするようになるし、それがするようになって一人前だもの。

フォーラムでは、意味ワカラン。感じでしたが、

私聞風坊は、
きっと「してあげる」感覚での支援のことだろうと予想しています。
それは、当事者を「劣った人」とみなしての関わりです。

昭和の頃の福祉的支援はこの臭いは強かったのかもしれません。
それを喜んでいる当事者も少なくなかったのかもしれません。

でも、それは自分たちを馬鹿にしていることに気づいた当事者たちが、
改善を求め、当事者の権利に配慮した関わりが強く求められるようになってきた
令和の現在です。

だいぶ、当事者の尊厳を尊重した関わりがなされるようになってきたはずですが、
まだまだ足りなかったか、
ひきこもり当事者については、前時代的な関わりが当たり前だったのかもしれませんね。

私聞風坊は、支援らしい支援を受けたことがないので、この経験はありません。
と言うか、
当事者の人権を尊重する支援とはどんな風なものか?
を熱く議論し取り組む支援者と関わることが多かったので、福祉臭の強い支援には縁遠いようです。

当日配付資料p5


  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏5 当事者呼称のこと

2020年01月22日

当事者呼称についても議論がありました。

こもっている人は、多数の呼び名で呼ばれます。

一番有名なのが当事者です。

他には、
不登校児童生徒、経験者、元経験者、ひきこもり実践者、
利用者、登録者、患者、ニート、困窮者、発達、アスペ、コミュ障、
など、いろいろあります。

私聞風坊は、こもる人とかこもっている人をよく使います。

なぜか、昔からよく使われる「本人」はめったに使われません。
この世界では。

興味をひく点です。

すでに使われていた
「不登校当事者」とか「障がい当事者」という呼称の流れから使い出したのかもしれませんね。

フォーラムでは、
「当事者」の語感の、
突き放す感覚が問題になることを指摘したら、
結構な議論白熱で、

じゃ新しい呼び名を考えようとなり、
いろいろ意見が出て結局、
古式ゆかしく「本人」でいいんじゃないかとまとまりました。

なんで、本人って使わないのかしら。
ひきこもり当事者の親です。
ひきこもり本人の親です。

当事者が言うには学校は嫌だと、
本人が言うには働く自信がないと、

言い換えてもなんら問題はありませんのに。

ちなみに、
支援者と当事者(被支援者)と相対関係を明示する時は、当事者の方がいいですね。
ちなみにその2、
経験者・元当事者などの過去にひきこもりだった人を意味する呼称は、今後もなにかあればひきこもりそうだというこもる人の気持ちに合致しません。
そして昨今話題の困窮だと、こもるというポイントとずれが生じます。

人の呼び名の問題は、なかなか奥深いものがあります。

当日配付資料p1




  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる発達障害不登校

ひきこもりフォーラム2019夏4 601人のこと

2020年01月19日

宮崎県が、民生委員・児童委員対象にアンケート形式で調査した
宮崎県のひきこもり調査では、ひきこもり状態にある人は、全県に601人だそうです。

関連記事


フォーラムでは、
県も、少ないという印象は持っていることが分かりました。

601人程度だから、
ひきこもり地域支援センターを縮小しようとか、
通常業務内での対応で十分だとか、
に行政の方針が決まりそうな懸念がありましたが、
それはなさそうです。
きっと現状維持はするのでしょう。

さて、この調査、
地域のことに詳しい人たちということで、白羽の矢が立った民生児童委員さんたちへのアンケート調査ですが、
実情そうでもないことが判明したようです。
大きな団地は把握できないし、そもそもこもっている人や家族はその事をおおっぴらにしないもの。

そんなこんなで、フォーラムではひきこもりの実情は把握しづらいということを確認したのでした。
※こんなこと20年前から分かってますが。

ところで、
フォーラムでは行政批判はしませんでしたが、実は批判に値するんです。

本来なら、
ひきこもり地域センターを中心として、ひきこもり支援制度を確立したり、
質のいい支援者を養成したりせねばならないのですが、実状、不十分です。

ありていに言えば、やってないんです。

この現状を維持するので、都合この先もやる予定はないようです。

とはいえ、近隣他県には、
いまだに家族に育て方が悪いと説教する支援機関もあるようですが、
それがない分、宮崎はいいのかもしれません。

でも正直なところ、

悪くはないけど良くもない。

そんな感想を持っています。
行政の姿勢については。

当日配付資料p6





  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)ひきこもる発達障害不登校