ひきこもりフォーラム2019夏4 601人のこと

2020年01月19日

宮崎県が、民生委員・児童委員対象にアンケート形式で調査した
宮崎県のひきこもり調査では、ひきこもり状態にある人は、全県に601人だそうです。

関連記事


フォーラムでは、
県も、少ないという印象は持っていることが分かりました。

601人程度だから、
ひきこもり地域支援センターを縮小しようとか、
通常業務内での対応で十分だとか、
に行政の方針が決まりそうな懸念がありましたが、
それはなさそうです。
きっと現状維持はするのでしょう。

さて、この調査、
地域のことに詳しい人たちということで、白羽の矢が立った民生児童委員さんたちへのアンケート調査ですが、
実情そうでもないことが判明したようです。
大きな団地は把握できないし、そもそもこもっている人や家族はその事をおおっぴらにしないもの。

そんなこんなで、フォーラムではひきこもりの実情は把握しづらいということを確認したのでした。
※こんなこと20年前から分かってますが。

ところで、
フォーラムでは行政批判はしませんでしたが、実は批判に値するんです。

本来なら、
ひきこもり地域センターを中心として、ひきこもり支援制度を確立したり、
質のいい支援者を養成したりせねばならないのですが、実状、不十分です。

ありていに言えば、やってないんです。

この現状を維持するので、都合この先もやる予定はないようです。

とはいえ、近隣他県には、
いまだに家族に育て方が悪いと説教する支援機関もあるようですが、
それがない分、宮崎はいいのかもしれません。

でも正直なところ、

悪くはないけど良くもない。

そんな感想を持っています。
行政の姿勢については。

当日配付資料p6





  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)ひきこもる発達障害不登校