自分のお気に入りのアニメ通りに人生を生きているかもしれない話

2019年11月11日

 TA・交流分析には、
 人は子どもの頃に自分がどう生きていくかのシナリオを書いて、その通りに生きる。
 ※セラピーを受けたり大きな出来事があってそれまでの生き方を変えるなどしない限り
 という考えがあります。

 さて、そのシナリオを知るのには、簡単な質問ですむようです。
(『エリック・バーン 人生脚本のすべて』(エリック・バーン著 江花昭一監訳 星和書店 2018)参照)

 子どもの頃、
 好きなおとぎ話は?

 または、

 好きなマンガは?

 アニメは?

 または、

 憧れのヒーロー・ヒロインは?
 

 答えてみます。

 私聞風坊の好きなおとぎ話はありません。

 楽しく読み聞かせしてもらった記憶がないからかもしれません。

 一方で、ヒーローはいます。

 タイガーマスク
 ガッチャマン
 仮面ライダー
 ウルトラマン

 中学生の頃は、
 あしたのジョー2
 リングにかけろ
 ジャッキー・チェン

 高校の頃は、
 北斗の拳の面々。ケンシロウはもちろん雲のジュウザ。
 ロッキーというかスタローン
 ランボーというかスタローン
 ダーティーハリーのハリー刑事
 ブルース・リー
 修羅の門の陸奥九十九
 スティーブン・セガール

 中年になると、
 座頭市の市
 子連れ狼の拝一刀
 御家人斬九郎の松平残九郎
 
 こうして列挙すると、自分がどんな人になろうとしたのか、なっているのか、一目瞭然な感じ。

 ヒーローは独りつるまず。
 戦いの場でこそ力を発揮する。
 感謝される。
 戦いが終われば去って行く。 
 ですね。

 さて、
 これを読んでいるあなたはどう?
  
タグ :人生脚本


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)交流分析過去の出来事