当事者活動で本名を伏せる話

2019年03月30日

 自助グループの多くがそうであるように、

 私も当事者活動・自助活動する場合は、本名を伏せてペンネームの聞風坊でやっています。

 自助グループが実名でなくアノニマスネームとよばれるニックネームで活動するのは、

 名にまつわるしがらみ、責任、思い、重さ、から自由になって、

 素の自分と向き合うために。

 という意味があります。

 そしてまた、

 実名というプライベートな情報を口にすることの影響に配慮してです。

 こん人は、あん会社の社長さんげな。そこの偉い社長さんがこんげなこつになっちょるげな。
 共通語訳:この人は、あの会社の社長さんなんだ。そんな偉い人がこんなことをやっているとは驚きだ。あの会社は大丈夫だろうか。

 こん人ん親は、人に対してはいっちょ前のことばっかいいっちょるけど、我が子んこつはなんもしちょらんが。
 共通語訳:この人の親は、人様に対してはたいそう立派ななことを言っているが、それに比べて自分の子どものことはまったくなにも心配りしていない。

 と、つい誰かの話、何かの話になってしまって、

 自助グループの本質である
 自分と向き合い、自分の課題に取り組むという作業が滞ってしますからです。

 下手をすると噂話が世間に広まってしまう。

 だから、匿名。アノニマスネーム。

 私聞風坊がこもったいきさつから親子関係は切り離せません。
 私は私の課題に取り組むために、親との関係をいいも悪いも振り返る必要があります。

 その成果が誰かの役に立つのであれば、経験をお話します。
 そんな思いで本を書いたり、ブログを書いたり、講演したりしています。

 そしてそれによって、親や親族、これまで関わった人たちへの悪い影響が及ばないように。

 あんたんげー息子さんな、ひきこもりやったげな。あんたたちんせいでこうなったっち言いよったよ。
 共通語訳:あなたのうちの息子さんは、ひきこもりだったんだって。あなたたちのせいでひきこもりになったって言ってましたよ。

 ○○さんちの息子さんな、ひきこもりげな。昔っかい、なんか変じゃったもんね。やっぱいじゃ。あん人たちならじゃわ。
 共通語訳:○○さんちの息子さんは、ひきこもりだって。そういえば昔から、何か変な感じがしてたよね。やっぱりだ。あの親たちなら分かるな。

 なんて言われないように。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)自助グループ