2019年01月25日

不登校やひきこもりの原因を探る際のポイントの話

 不登校やひきこもり理解、支援に当たって、

 原因探しはよくない。

 と言われることがあります。

 気がつくと犯人捜しになっているからかと思います。

 あぁ、うちの子が弱かったからじゃ。

 やっぱり、親の関わりが悪かったからじゃ。

 先生が、いかんこつばっかいスッでよ~。

 とはいえ、原因が分かるとどうすればいいのかがなんとなく分かってくるのも事実。

 そんなこんなを考えていたら、ふと思いつきました。

 不登校やひきこる原因ではなくて、

 今、学校に行こうとしていけない原因または理由、

 今、まさに外に出ようとして、

 今、誰かと関わろうとしてそれができない原因または理由、

 を考えることはとても役立つのではないかと。

 昔の苦労の原因じゃなくて、

 今ここでの苦労の原因探しです。

 身体が固まってドアを開けられないのなら、一息ついてリラックスする。

 部屋の中には入る瞬間にドアノブを見つめて立ちすくむのなら、部屋の中から信頼できる人が手招きして迎え入れる。

 そんな風にできるのではないかと思ったのでした。
   
タグ :原因今ここ




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。