2018年12月10日

小学校に上がってひったまがった話

 最近昔のことをよく思い出します。

 個人的な話です。

 ほぼ不登校だった幼児教育を無事に卒業して、

 小学校に入学して、最初の授業でひったまがったのでした。
             ※共通語訳:とっても驚いた!

 先生がみんなに向けて呼びかけるのです。

 「みんな、わかりましたか~?」

 間髪を入れずみんなが応答します。

 「はーい、わかりましたー!」

 競うがごとくに皆おらびます。
      ※共通語訳:叫びます

 私はきょとん。

 なんだ? (このやり取りは?) 

 そういえば、

 「わかった人~?」

 と先生が言うと、みんな我先に手を挙げてた。

 手を挙げてと言われてないのに? なぜなんだ?

 で、手を上げない私と目が合う先生。

 「わかった?」

 訊いてくる。

 「はい」

 きちんと返事する私。

 そして手は上げない。

 みんなはまだ手を挙げている。

 なぜなんだ?

 わかったら自分が喜べばいい。

 別に言わなくても。手を上げなくても。おらばんでも。
               ※共通語訳:叫ばなくても

 当時そんな思いでいました。
 ※実は今でもそう。

 主張しない。

 そんな生き方の始まりだったようです。

 とはいえ、このルール。誰が教えたのでしょう?

 蛇足:その後は、答えがわかったら、一応手を挙げるようにしてました。空気を読んで。  
タグ :社会性


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)過去の出来事

2018年12月05日

許される範囲でのびのびやっていた話

 今回も個人的な話です。

 いま改めて考えると、これまでいろいろ自分なりに考えてやってきたのですが、

 それらはすべて、許される範囲をまず考えて、現実的にこれくらいなら大丈夫だろう。

 邪魔されないだろう。

 という範囲の中で、

 その中の選択肢から、

 最善を選んだのでした。

 高校進学も。

 大学進学も。

 関心のある勉強も。

 遊びも。

 友だち付き合いの深さも。

 親が許容できるだろう範囲・種別。

 親が邪魔しない範囲・時間数。

 親がうらやましがらない。

 口をさしはさまない程度。

 それでいて、
 邪魔が入ればすぐに今取り組んでいることを中止する。

 という条件付きで。

 緊張感あふれる学びであり遊びであり半生でした。

 もし、許容できないことをしたら、

 親がどうなるか分からない。

 そんな恐怖に裏付けられた精いっぱいの自己主張した生き方でした。

 若いんだから自由だ。

 選択肢はたくさんある。

 自分の人生は自分で選べるんだ。選んでいいんだ。

 絵空事でした。私にとって。

  




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。