2018年10月30日

子どもの相談に来た親と支援者との会話の1例

 もし、こんな会話がなされたらどうなのだろう?

 と考えたのでした。

 支援者「息子さんにどうなってほしいですか?」
 親「働いてほしい」

 支援者「なるほど、では、息子さんがそうなるために、今の息子さんは、何から始めた方がいいと思いますか?」
 親「ハロワに行く、風呂に入る、人と話す・・・朝起きること」

 支援者「外出せずに、人と話さずに、自分の力でできることと言えば、自力で朝起きることでしょうか」
 親「そうですね。時々朝起きてきますし」

 支援者「なるほど、すでにやっていると。なら、できそうですね。息子さんは、朝起きることについてどう思われてますか?」
 親「できれば朝起きたいと思っているようです。昼間図書館とか行くことありますし。他に用事もあるようですし」

 支援者「そうなのですね。ならば、朝起きることをちょっと頑張ってみるのはいいことかもしれませんね。自分がやりたいことができるようになるのだし」
 親「ええ、でも夜ゲームばかりしていて、なんべん言っても聞かないし」

 支援者「そうですか。では、息子さんが自力で朝起きるために、どんな手助けがあるとよさそうですか? そしてあなたには何ができるでしょうか?」
 親「あまりうるさく言わないで。言うと逆にゲームに熱中するようです。起きてきたときに、ご飯できてるよとか」

 支援者「息子さんが自力で起きてきたときに、ご飯できてるよって、普通に言うのでしょうか」
 親「ええ、それならよさそうです。いいんじゃないかなぁ」

 支援者「息子さんが働くために、さしあたりあなたにできそうなことは、息子さんが自力で朝起きてきたときに普通に接する。それのようですね。やってみますか」
 親「そうですね。ま、やってみます」
   
タグ :親子の会話


2018年10月25日

支援者も病んでいる話

 医療や福祉など、困難を抱える人を支援する人は、

 自分は病気や障害がないと思ってるかもしれませんが、

 もし、

 患者や利用者、支援対象者の言動を、

 なんだかんだと病気や障害と結び付けたり、

 家族や友人や職場の同僚などの雑談の中で、

 ふと表出された相手の訴えを、

 傾聴して、洞察を深めるようなフィードバックして、

 最終的にアドバイスなんかしたくなったとしたら、

 そういうあなたは病気です。

 病名は、

 職業病。

 気を付けましょう。
 職業人、特に専門職のほとんどが罹患しています。

 治療法は、
 仕事のことを頭から離すこと。
 らしいです。

 プライベートの時間を楽しみましょう。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年10月20日

喜びの数を数えてみるとおもしろい話

 いくつか質問するだけの記事です。。

 ゲームをして、喜びはいくつ?

 街のゴミ拾いをして、喜びはいくつ?

 仕事をして、喜びはいくつ?

 病人の世話をして、喜びはいくつ?

 犯人を逮捕して、喜びはいくつ?

 ご飯を作って、喜びはいくつ?

 自慢して、喜びはいくつ?

 悪口言って、喜びはいくつ?

 誰かを讃えて、喜びはいくつ?

 学校に行って、喜びはいくつ?

 あなたに会えなくて、寂しさはいくつ?

 あなたが健康になって、喜びはいくつ?

 道路を造って、喜びはいくつ?

 探し物が見つかって、喜びはいくつ?

 自分が喜ぶと、喜びはいくつ?

 ひとりの喜び

 誰かとの喜び

 いくつ?

 
   
タグ :喜び


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる不登校

2018年10月15日

自分の金で酒を買うとおいしい話

 ひきこもりやニートや不登校成人の話題で時々出てくるのが、

 酒の美味さです。

 曰く、働いて稼いだ金で飲む酒は格別。

 なるほどそうでしょう。

 でも、私聞風坊は思うのです。

 おごってもらったただ酒もやっぱり美味しい。と。

 どっちが美味しいんだ?
 どっちも変わらずなのか?

 ずっと悩んでいました。

 そんなとき、
 先日スーパーの酒棚で物色していたときにふと答えがひらめきました。

 自分の稼いだ金で酒を買うのはとてもワクワクする!

 これが親からのお小遣いだと、なんかビミョー。
 飲んだとき、若干マズいかも。

 このワクワク感の源泉をたどれば、
 子どもの頃です。

 親からもらったお小遣いで、お菓子を買うのにどれにしようかと迷うワクワク感とプレッシャーがありました。
 この時と同じワクワク感です。

 違うのは、
 お菓子かお酒か。
 
 どうも、
 大人の楽しみであるお酒は、自分が稼いだ金で買う方が喜びにつながるようです。

 金を稼ぐというのが大人の証だからでしょう。
 お酒を飲むというのも大人の証。

 しっかり仕事をして、達成して、ご褒美にお酒を買う。
 大人だからできること。
 胸を張って。

 さてこの仕事、
 種別はないように思えます。

 労働でもいいし、ボランティアでもいいし、勉強でもいいし、

 何かを一つ成し遂げた。

 そういう成果が感じられるもの。

 作業、役目、責任。

 なんでもいい。

 自分の労力、知識、知恵、時間を提供して、何かが生じた。

 少し便利になった、楽になった、問題が解決した、先に進んだ、混乱が整理できた、安らいだ、喜びが生まれた、

 そんな
 なにかに貢献した実感、
 なにかを達成した実感を
 胸に、大人だから買える買い物をする。

 だから、喜びを感じるのでしょう。

 そしてきっと、
 自信につながるのでしょう。
  
タグ :達成感自信


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年10月10日

ひきこもりには就労支援がいるという話

 学校時分から、

 または一度職について離職してから、

 数か月、

 数年、

 数十年、

 ほぼ家にいて、

 人との関りがとても少なくて、
 
 だから、リアルな社会とのかかわりも少ない暮らしをしている人が、

 日に数時間、

 誰かと関わりながら、

 対価をもらえるほどの仕事をする。

 それを数日続ける。

 それを数年続ける。

 数十年続ける。

 となると、

 誰かの手助けがいるはずです。

 特に、最初のころは。

 つまり、ひきこもっていて、働こうかなと思いだしたころ。

 サポートなしで就労状態になれる。

 その状態を維持できる。

 かというと、それはなかなか難しいことでしょう。

 だって、どうやって職探しすればいいのか?

 手順が分かりませんもの。

 誰かの手助けがあったほうが着実。
 そして楽。

 ひきこもりの就労支援はいります。
 私聞風坊はそう思います。

 そしてそれは、こもっている人が働こうかなと、思ったという事実が大前提。

 さらに加えると、
 今まさにこもっていて、
 人と関わるのもものすごく緊張して、
 外出した後はへばって身動きできなくなるような状態のときではありません。

 まだ就労に向けて何かする段階ではないと考えます。

 心や身体のケアとか、緊張を減らすとかのことをする段階でしょう。

 就労に向けて活動できそうな段階になったら、就労支援。

 この見極めが大事。

 こもる人の状態をしっかり見極めて、就労支援が適切だとなったら、就労に向けた支援をちゃんとやる。

 これが大事。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年10月05日

変えられるものと変えられないものを見分けてやっていく話

 自助グループでは「平安の祈り」
をよく唱和します。

 その中に、
 「変えられないものと変えられるもの」

 という結構有名なフレーズがあります。

 これは、
 その事は、その人は、
 自分に変えられるものか?

 変えられないものか?

 をよく見極め、

 自分の働きかけによって変えられるものならば、よりよくなる方に変える。

 自分の働きかけによって変えられないものなら、謙虚に受け容れる。

 そうやって暮らしていくように自分を成長させる(変える)ことをやっていくための、

 中核となる考え方です。

 さて、やる気のある人は成功や失敗の原因をどこに求めるかの研究から導かれた帰属理論でも、

 同じような視点があるようです。

 安定しているものと安定していないもの。

 その安定が、
 自分の働きかけで簡単に変わるもの変わらないもの。

 という視点です。

 試験の難しさ、親の価値観、アルコールやゲームへの熱中(依存症という病気ゆえ)は、
 自分の働きかけではなかなか変わらない、安定(固定)しているもの。
 
 一方で、

 自分の働きかけで(安定が)変えられるものは、
 自分自身の考え方、努力などです。

 どんな風に考えるか、受け止めるか、やっていくか、
 どれほど頑張るか、今日はこれぐらいの努力で止めとくか、は自分で決められます。

 自助グループは、自分のために(自分をよくするために)何ができるかを考えて実行します。
 努力します。

 変えられないものを見極めて、それを変えようと執着する気持ちを手放します。
 努力します。

 すると、
 やる気が起きるようです。

 自分の人生を生きる。
 って。
  
タグ :やる気




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。