2018年07月30日

眠れないのは考えることに喜びを感じるからかもしれない話

 夜の眠りの困難は、

 寝入りの悪さと、ちょこちょこ目覚めるのと、早すぎる目覚め。

 により、まとまった睡眠が取れずに、

 疲労回復のための休息と、

 日中に傷めた身体のあちこちの細胞の修復

 の時間が十分に取れずに、

 疲れて傷んだ状態で日中活動をしないとならない状況をもたらします。

 余裕のない状態で日中活動をするので、活動のパフォーマンスは高くなく、

 心と身体への大きな負担となります。

 そんな眠りの困難ですが、

 今回は、寝ようとするといろいろ考えてしまい、目を閉じて2~3時間たってもまだ眠りに入らないことについてのひらめきの記事です。

 今日一日のことを考えて、
 明日やることを考えて、
 気になるあのことを考えて、
 考えが考えを呼んで、

 気がつくと床についたときより目が覚めてきた!

 なんて状態のときのことです。

 この状態のとき、どんな気持ちでしょう?

 落ち込み、
 焦り、
 不安、
 怒り、
 ・・・

 いろいろあるでしょうが、存外、

 気が高ぶっているようです。

 考えずにいられないそわそわ感、

 考えないなんてあり得ない!

 もっともっと考えたい!

 やる気満々!

 周囲が静かになり、一人自分の時間が確保され、思う存分考えることに時間が使える!

 ワクワク感!

 ある意味喜び。

 嫌なことが多いかもしれませんが、

 日中はいろいろやることがあって落ち着いて考えることができなかった。

 今この時なら望むほどできる!

 ヤッホー!

 な感じも強いようです。

 脳内ホルモンとして有名なドパミンという物質があります。

 これが分泌されると、
 快感を感じるのだそうです。
 そして意欲や思考力が高まる。

 床につくと、このドパミンがドパーッと脳内に出まくってるのかもしれないぞ。

 眠るより考えることの方に喜びを感じているようだ。

 そういえば、心臓もドキドキしてるし。

 こりゃ眠れないわ。

 ある晩、経験的にそう思ったのでした。まさに床について考えている最中!


 この気づきを得たので、

 メモでもして明日考えよう。

 楽しいことは明日時間をとって考えよう。

 今は眠ろう。

 呼吸をカウントして。

 なんてやると、寝入りやすくなりました。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。