2018年05月30日

精神科の薬は飲みたくない! の話

 精神科・心療内科に行って、薬を飲み出したら、一生飲まないと行けないから、

 薬は飲みたくない!

 だから、精神科に行きたくない!

 自力で治す!

 という気概によく出会います。

 この気持ち、よく分かります。

 人間一般的に
 だいたいからして、病院には行きたくありませんね。

 だって、
 とりあえず、なんか怖い。
 悪いとこがいろいろ見つかりそうだし、先生からなんか怒られそうだもの。

 とはいえ、
 風邪ぐらいなら気が楽というのもまた事実ですね。
 風邪薬なら、医者の薬でも平気。
 わりと平気に医者にかかれる。

 でも、精神科の薬は嫌!
 というのもまた事実。

 実は、一生飲み続ける薬は珍しいんです。

 そこで今回は、薬の利用についてのお話しです。

 人は誰しも自力で健康に戻す力があるんですが、
    ※リジリエンシーとかリジリエンス力とか言います。

 ところが、
 ストレスが次々にかかると、戻りきれなくなるんです。
 ※当たり前ですかね。

 人は、
 つらいことショックなことプレッシャーがあると、それに対処します。
 健康であり続けるように、活動し続けられるように。

 具体的には、休息や栄養補給などを欲します。
 つまり、疲れを感じるので小休憩をとったり、長めの睡眠をとったりして十分な休息をとるようにしたり、
 食事をしてエネルギーを補給したりします。

 そうして回復するのですね。

 ところが、
 回復が不十分な状態で、新たなストレスがやって来ると、状態は悪くなります。
 損傷からの回復不十分で、疲れが溜まった状態です。

 そんな状態なのに、またまた新たなストレスがかかる。
 回復する間もなく損傷を受け、ストレスにより睡眠不足で休息も不十分。

 この状態が長く続いていると、持ち前の回復力が追いつかなくなります。

 この時なんです!
 薬の力で、回復をサポートするんです。

 薬の手助けで、
 眠れるようになる。リラックスできるようになる。
 すると、休息が増えてくるので、回復しやすくなる。

 すると、
 働き過ぎで疲れ果てていた自前の回復力が勢いを取り戻し、
 自力で十分に回復し、いい状態を維持しやすくなります。

 薬のサポートがいらなくなってきます。

 そうしたら、薬を減らします。そのうち止めます。
 だって、必要ないんだもの。

 そうして、
 薬なしの生活に戻ります。

 これが基本です。

 悪い状態の時にしばらく薬を飲んでいい状態になったら薬を止める。

 胃薬にしてもそう、目薬にしてもそう、下痢止めであってもそう、ケガした時の消毒薬でもそう。
 薬の基本の使い方は共通しています。

 薬は、
 治す手助け。回復力のサポートなんです。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年05月27日

働かなくていいと働けなくていいと快復の話

 快復目線の補足です。

 快復のためには、

 働かなくていい!

 と社会に認めてほしい。
 
 だけじゃなくて、

 働けない自分を認める。

 働けなくたって、納税できなくなって、自分の価値そのものが落ちたわけではない。

 なにも傷ついていない。

 魂を削り、対価を得る働き方を求める社会では、

 働かなくていい!

 それぐらい価値のある人間なんだ自分は!

 こんな風に、

 快復の道は、
 働けない自分であることを許可することからはじまるように思えます。
 
 
 そしてさらに補足。

 社会からひきこもっている人は、社会の話題からもひきこもってしまいがち。

 だから、たとい税の話でもしっかりしたほうがいいと思うのです。

 そう言うことなので働かないとならないんだよ君!
 と説得の材料に使うのではなくて。

 自分たちの社会の話をただするという意味で。

 こもる人の状態の悪化を懸念して快復の障害になるからと、
 医療者・支援者が話題を選ぶことはあるでしょうが、
 だからと言って、話題の制約(タブーの設定)を強要するようなことはあってはなりません。

 何を話すか話さないかは個人が個別に決めること。
 Nothing about us without us.
 私たちのことを私たち抜きで決めるな!
 です。

 また、
 この話題は話しちゃいけないんだ。
 と関わり方に制約がかかると、周囲の人もこもる人に関わりづらくなります。

 関わりづらさ。それは孤立を招きます。
 孤立。まさにひきこもる人が抱える根幹の問題です。
 だから、関わる障害になるような指示や提案はしてはならないのです。

 そもそも、
 当事者本人・患者にだって税の話をする権利はあるし、

 なにより自分がかかわる社会の話をすることは快復の役・社会再参画の役にたつことなんです。
 だって、自分が暮らす社会のことだもの。

 話したくない人は話さなくていい。
 話したい人は話していい。
 話したくなったら話していい。
 話したくなくなったらやめていい。
 決めるのは当事者本人。

 周囲と調和し穏やかに暮らせる状態に快復するためになることは、
 進んでやっていいのです。

 だって、それが今の仕事だもの。

 この項終わり。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年05月26日

働けないと税と公共サービス受益の話

 続きです。

 働かないから納税しないけど公共サービスは受けている状態をどう受け止めるかについて考えてみました。

 こういう状態をタックスイーター(Tax eater)なんて侮蔑的に呼ぶこともあります。
 ちなみに税金を納める人はタックスペイヤー(Tax payer)ですね。

 注目したのは、

 働かないでいい!

 の言葉の奥の気持ちです。

 働かなくていい。
 全然問題ない。
 働くなんてありえない。
 なんて風に働くことを馬鹿にした思いから発された言葉のようには感じないのです。

 むしろ働くことにとても価値を置いている。
 働くことの大事さを知っている。
 だからこその発言のように思えるのです。

 そこから私は、

 働かなくていいよ。って言ってほしい。

 そんな気持ちがあるように感じました。

 そしてそれは、

 働けないのだから。

 を意味しているように思えます。

 働かない!
 として、働かずに受益だけを目指しているのではなく、

 働けない!
 ってことを言いたいのではないか。

 そう思うのです。

 働けない!
 税金も納められない!

 それほど、
 社会で傷ついてしまったのかもしれません。

 そんな心の痛みをどうにも感じてしまいました。

 さて、こう考えてくるならば、
 
 社会から

 ある意味無条件に優しくされていい。

 と思えてきます。

 働かなくても、

 納税しなくても、

 社会は最低限の健康と安全は守ります。
 サービスは提供します。

 差別なく。

 能力があるなしに関係なく。

 生産性があるなしに関係なく。

 社会貢献度が高い低いに関係なく。

 あなただから。

 そんな自分なんだ。

 それぐらい甘えていいんだ。自分って。

 この社会に属している自分って。

 社会から優しくされる価値があるんだ。

 ここにいるだけで。

 生きているだけで。

 そんな社会の中にいるんだ。

 そんな人たちの中にいるんだ自分って。
 
 そもそも、思いやりで成り立っている社会にあって、
 思いやりどころか、ひどい仕打ちばかり受けてしまったのだから、
 少しぐらい、優しくされてもいいい。
 大目に見られてもいい。

 せめて公共サービスぐらい気兼ねなく受益してもいい。

 それでいいように思えます。

 私聞風坊には、こもっている最中に支えになる一文がありました。

 働かなくていい。
 今は回復することが仕事だ。

 この一文を胸に回復ばかりを考えて30代を過ごしてきました。
 
 十分なほどに回復すると、
   ※実際は快復だったり変化成長だったりしますが、
 働けそうな気がしてきます。不思議と。

 そんな心の状態になったら、実際に働けます。

 となると、自動的に所得から直接納税することになります。※もちろん応分です。
 タックスペイヤーになります。

 社会的活動が増えると消費も増えるので消費税納税の面からも納税額が上がります。
 
 働いて収入を得ることばかり、
 税金を納めることばかりが仕事ではありません。

 自分の心と体を健康に保つ。
 ということも、
 私たちが担っているものすごく大切な仕事なのです。

 働かなくていい。
 今は快復するのが仕事なんだ。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる社会のこと

2018年05月25日

働くことと税金と公共サービスのこと

 最近、いわゆる当事者の声と一般の人の声と支援者の声が交わる場に居合わせたので、
 それをもとにいろいろ考えたことを記します。

 その場でどんな風に声が交わったかというと、

 まず、

 働かなくてもいい! という主張があり、

 それについて、
 税によって社会が回っている事実にについてどう考えるか?
 という問いかけがありました。

 これにこたえる形で、
 働かざるもの食うべからず的な倫理的・道徳的発想はやめるべきだ!
 という発言がありました。

 要約するとおおよそこんな感じでした。

 さて、
 税金というのは、暮らしの中でいろいろな形で使われています。
 道路の補修、信号機にも、
 上下水道にも、
 警察や消防救急や国防にも、
 
 生まれると登録される戸籍の管理にも、
 教育やインフルエンザ対策とかの公衆衛生にも、

 医療・介護保険制度は、税金みたいな感じで徴収し利用されてますし、もちろん公費=税金も入ってます。
 
 国税庁のホーページには、
みんなの安全を守る警察・消防や、道路・水道の整備といった「みんなのために役立つ活動」や、年金・医療・福祉・教育など「社会での助け合いのための活動」に使われています。
 そのために必要なたくさんのお金をみんなで出し合って負担するのが「税金」です。
 つまり税金は、みんなで社会を支えるための「会費」といえるでしょう。


とあります。https://www.nta.go.jp/taxes/kids/nyumon/page01.htm

 上記サービスは、私たちは意識しなくても、求めなくても、提供されるサービスです。
 その人や会社が税金を納めていてもいなくても提供されます。
 そして私たちは受益します。

 そのためか、
 私たちは、とても身近なことに税が使われているということをあまり意識しません。
 ごく当たり前、フツーに提供されているから税金がかかわっているって意識もしないのでしょう。
 
 だから、申請しなくてもサービスが受けられます。
 110番したら、まずは利用登録と利用料を払ってくれ、捜査はそれからだ。なんて話はあり得ません。

 こう考えると私たちは誰もが、
 これらのサービスを受ける権利を無条件に持っていると言ってもいいかもしれません。

 実はこんな身近な税金ですが、
 その税金はどうやって集めるかというと、
 所得税や消費税や住民税などの形があります。
 ※ちなみに、消費税が導入された時から、あらゆる国民は納税者になったと思われます。

 このうち、所得税や住民税は、個人や企業の儲けた額に応じて決定します。
 儲けが少ないと税額0円というのもありますね。
 応分負担と言うのでしょうか。

 おおよその場合、働いて収入を得ます。
 その収入から、かかった費用を引いたものが儲けですね。
 
 さて、
 この考え方をもとにすると、
 働かなくていい! 
 は、収入がなくてもいいとなり、

 つまりは納税しなくてもいい!
 ってことを言っていることになってしまいます。

 となるとこれは、
 みんなが自分を含むみんなのためのサービスに使うために
 税金を負担して成り立っている社会にあって、

 私は、サービスは受けるけど負担はしないよ!

 と言っていることになってしまいます。

 これだととても身勝手な感じ。
 
 じゃぁだからといって、
 拒否権を発動して、戸籍や警察や救急や医療、信号機などのサービスを受けなくてもいいです。
 というわけにはいかないのが難しいところです。
 
 私たちは否が応でも税金が関係するサービスの恩恵を被ってしまいます。
 税がまったく関わらないサービス、物品なんてないのではないでしょうか。

 おせっかいといえばおせっかい、思いやりがあるといえば思いやりがある。
 そんな社会の一員なんですね。知らず私たちはすでに。

 こう考えてくると、妙な気分になります。
 ありがたいけど、なんだかちょっと押しつけがましい。あ、でもやっぱりやってくれてるとホント助かる、ウン。
 あ、でも税金だし。納めてないし・・・。
 
 自分は働かなくていいと思っています。
 だから納税もしません。できません。
 それでは心苦しいからサービスも要りません。

 というふうに、
 負担したくないからサービスは要らない。
 の理屈は却下されるでしょう。
 税金を納めていてもいなくても、戸籍は管理されるし、警察や消防はサービスしてくれます。
 道路を歩いても拒否られません。当たり前です。

 では、働かない人=儲けのない人=税金を納めない人は、
 一方的にサービスを受けるしかないのでしょうか。
 悔しい、恥ずかしい、情けない思いを秘めながら。
 ごくつぶし、タックスイーター(Tax Eater)の汚名は返上できないのでしょうか?

 この項続く。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年05月20日

仕事がデキないのは、女だから or 男だから の話

 性による差別・不当な扱い。つまりジェンダーの話です。

 問題があるとしてよく取り沙汰されるのが、

 女だから仕事がデキない。

 男だから繊細な仕事はむいていない。

 などの、仕事の向き不向きの判断基準が性別、性差という問題です。

 反証としては、

 仕事がデキる女の人はいる。

 繊細な配慮のデキる男の人はいる。

 があり、女だから、男だから「仕事がデキない」という理由は否定されます。

 生きていく上、仕事していく上で、身に付いたスキルだから、
 性別にはあまり関係ないのでしょう。

 ところがここでちょっとひっかかる事態が生じます。

 実は、
 女だから、男だからというのは、「仕事がデキない条件」になります。

 裏を返せば、
 女でなければ、あの人は仕事がデキたろうに。
 男でなければ、もっと配慮できたろうに。

 みたいな意味を含みます。

 今、この条件が取れて、性差なく、性別関係なく、

 ただ一点、

 デキない。

 に焦点を合わせると、

 女であっても、男であっても・・・

 となります。

 性によって役割・能力を決めつけ、固定するジェンダーは望ましくありません。

 その一方で、ジェンダーは、使い方によって利益になることもあるようです。
 
 女だから自動車の運転が苦手ということで、上手であるはずの男に運転を任す。
  ※運転が上手になる努力をしなくてすむ。嫌いな運転を任せられる。

 男だから、配慮のいる仕事は女に任す。
  ※ご近所づきあいする努力をしなくてすむ。気遣いの苦労から解放される。
 
 女だから、男だから、デキない仕事があるのは当たり前だ。
  ※デキないことなんだから頑張る必要はない。楽でいい。

 利益があるから、ジェンダーはありつづけるのかもしれません。 
 
   
タグ :ジェンダー


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年05月15日

他人の中でやっていく話

 『"育つ"こと"育てる"こと -子どもの心に寄りそって』
  (田中哲著 いのちのことば社フォレストブックス刊 2016)

 を読んで心打たれての記事です。

 とりわけ
 「社会的に自立をするとは、知らない人の中でひとりでやっていくことです」(p25-26)
 の一文が印象に残りました。

 不登校・ひきこもりでも生活困窮でもよく目標とされるのが自立です。

 たいがいは、自分で働いて収入を得て暮らしていく経済的自立のことを言いいます。

 厳密に言うとそれは自活なのでしょうが、なぜか自立と呼ばれています。

 そしてそこを目指すのが一般的な支援目標となっています。

 さてこの自立、
 当事者本人の側から言わせると、自立って何?
 となります。

 というのも、
 当事者本人の多くは、経済的な自立以前のナニカで苦労しているからです。

 そのナニカが解決できなくて、またはそのナニカに取り組めなくて苦労しているんです。

 その謎のナニカ。
 この一文でなんとなく説明ができました。

 それは、

 知らない人の中でひとりでやっていく方法

 です。

 私聞風坊を含む当事者本人の多くは、
 これを知らないので、その先の自立がとても困難なのです。
 というか、自立って何? どうやってやるの? 状態なのです。

 私たちは、
 ふと足を踏み入れた
 見知らぬその場で、どう気持ちを落ち着かせ、

 見知らぬ人たちと、どう関わればいいのか?

 が分かりません。
 どう振る舞えば、どう自分を調整すればいいのかが分からず、戸惑うばかりなのです。

 もし、
 自分の気持ちの落ち着かせ方

 自分の気持ちとの折り合いの付け方

 自分の気持ちの奮い方

 を身につけていれば、さほどのストレスなくやっていけるでしょう。
 ※↑本では自己統制と指摘されていました。

 よく考えたら、知っている人の数より知らない人の数の方が圧倒的に多いんです。

 街に出れば簡単に分かります。
 知っている人は時々会うけど、
 知らない人はそこかしこにいっぱい。

 そんな人に、
 どう声かけすればいいか?
  こんにちは。いい天気ですね。

 声をかけられたらどう応じればいいか?
  え? あぁ。郵便局ならこの道まっすぐですよ。えぇ、えぇ、ですが~。いえいえどういたしまして。

 どう協力を求めればイイか?
  すいません、青島方面はどの時刻表を見ればいいですかね? あ、休日だからこれですね。ありがとうございます。助かりました。

 電話の仕方、
 扇風機の買い方、
 ゴミの出し方、

 授業中の質問の仕方、

 なんかよく分からない状態になった時に人に相談する方法、

 暮らしの中でちょっと立ち止まってしまったときにどうすればいいか?

 その方法を知っていると心強いのです。

 自分を頼みにやっていけます。

 その方法を知らないと、とっても不安。
 自信はありません。
 自分を信頼できないからです。
 
 昔は、親やコミュニティーの中で自然と身に付いてきたようです。

 不登校・ひきこもりや困窮などで、他者と触れあう機会が限られていると、

 暮らしていく方法を身につける機会に恵まれません。

 暮らしていく方法を身につける。
 当事者本人たちの自立を考える上で、とても大事なことのように思えます。
 
 ちなみに現在、私聞風坊は、この力だいぶ身に付いてきました。
  


2018年05月10日

人は存在するだけで価値がある。説を考えてみました。

 不登校・ひきこもりをはじめ、生きづらさを抱える人について語る時に、

 ほぼ毎回話題に上るのが、

 人は、

 ありのままでいい。

 そのままでOK。

 存在しててイイ。

 何もしなくてもそのままで価値がある。

 などの、存在すること自体を肯定する考えです。

 オリンピックでメダルを取ったからみたいに、
 なにかをしたから、

 清潔な格好で、TPOをわきまえて人に不快感を与えないように、
 そこにいるから、

 君、スバラシイよ!

 あなたは価値がある。

 という風に、
 周囲が設定した条件をクリアしたから価値を認めるというのではなく。

 何もしなくても、
 どんなありようでも、

 あなたは価値がある。

 というのも、
 もともと無条件に価値があるのだから。

 あなたが存在すること自体に価値を置かれているのだから。

 という考えです。

 で、長年この理由というか、納得のいく根拠にたどり着いていませんでした。

 私はあなたに価値を置いているよ。
 理由なんかないもん。あなたは大事な人だから。
 みたいに、信念や個人の思いはたくさん聞くのですが、客観的な根拠には巡り会っていません。

 なんについても
 客観的な根拠を見つけたがる性分の私聞風坊です。
 そこで、この根拠を考えてみました。

 人が存在する。
 または、そこに人がいる。

 となると、他者はその人を知覚します。

 姿を見たり、臭いを嗅いだり、その人が立てる音を聞いたいり、気配を感じたり、 ※味は・・・ないかな

 つまり、
 いるだけで、誰かの関心をひくのです。

 私たちはみんな。
 人が心を動かすほどの。

 この仕組み、
 モナリザの絵に目がとまる。
 ロダンの彫刻に心打たれる。
 
 これらと同じでしょう。

 人は何もしなくても、存在するだけで、人から関心を持たれる。
 
 逆の立場から言うと、
 関心を払うほどの価値を瞬時に感じるのですね。

 人は存在するだけで、
 モナリザのようについ関心を向けられる、
 人の心を動かすほどの魅力・価値をすでに持っている。

 という人の存在価値についての根拠の話でした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング

2018年05月05日

こもる人は睡眠が問題な話

 こもる仲間と話をすると結構盛り上がるのが
 睡眠についてです。

 みんな睡眠の困難を抱えています。

 私聞風坊の場合は、寝入りの悪さと、悪夢と、途中で目が覚めて眠れなくなることと、早く起きすぎる事と、ぐっすり眠った感がないことなどです。

 十分に睡眠障害と呼べるほど。

 寝入りの悪さは、寝ようとすると意識が高ぶって、いろいろなことを考え出して、悩んだり怒ったりして気がつくと数時間。
 ぱっちり目が覚めてしまいます。

 悪夢は、1人であっちこっちに行って、目的地になかなかたどり着けないというテーマのがほとんど。
 外にケンカしてたり、なんか戦ってたりするのも多いのです。

 途中で起きたり、早起きしすぎたりするのは、歳のせいもありますが、悪夢を見たり、眠りが浅かったりで、つい起きてしまうみたい。

 そんなこんなでぐっすり眠れていないので、疲れが取れず溜まったまんま。

 運動したとしても、体は疲れているのに眠れないこともざら。

 結局、リラックスできないことが最大の原因みたいということに気づいて、

 あおれやこれやリラックスするようにして、

 数年前から、マインドフルネス瞑想で深く規則的な呼吸を繰り返すことで、やっと、

 やっと、

 ホントにやっと、

 人生初の!

 リラックス状態を手にしました。

 以来、寝入りもよく、悪夢も見ず、途中で起きてもすぐまた寝入れるし、朝もわりかしスッキリ起きられたりと、

 一言でいうと、眠ることができるので、

 1日をちゃんと終えられて、翌日をキリッと始められる。

 睡眠という究極の休息が毎日取れるので、
 アルコールとかに頼らなくて済む。

 気持ちも身体も休息して回復できる。

 そんなこんなでイラつかず落ち着いていられる。

 妙な焦りも胸苦しさもなくなってきました。

 ひきこもっている人に必要なことは睡眠だと再確認しました。

 本質的には、
 自然に眠れるようなリラックスが必要ということです。

 こもる人に一番必要なことはリラックス。

 そのためには、安全と安心。

 そんな気がしています。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。