2018年03月25日

当事者運動の腹構えの話

 当事者活動人(とうじしゃかつどうじん)という新しい人間ジャンルで活動している私聞風坊は、

 当事者活動・自助グループの先輩たちから学んだいろいろなことを肝に銘じてやっています。

 その一つが「配慮」です。

 自分が親や教師や友人や家族や支援者などからされたこと。

 そのために、夜も眠れず悪夢を見て、昼も人と関わりづらく、恐怖におびえて暮らす日々を送っていたとしても、

 活動するにあたっては、その人たちへの最大限の配慮を忘れないようにする。

 のですね。

 当事者活動の主軸は、体験を語ることになるかと思います。
 発話で語るか、文字で語るか、語り方はいろいろあるでしょうが、

 話の内容は、自分の苦労・困難についてのこととなるでしょう。

 そして、その困難に強く関連のある人々の話にもなるでしょう。
 それは、おおむね、親や教師や友人や家族や支援者など、自分とかかわりのあった人々でしょう。

 話の内容は、その人たちを批判する意味合いが少なくないでしょう。
 時に批判がほとんどになるかもしれません。

 今、自分への理解者が現れ、社会が体験談を求めていて、自分も話したくて、それが社会に貢献することだとして、

 語りをはじめとする自分の言動が、
 
 自分に関係する人たちや

 親や教師や友人や家族や支援者たちや、

  その人たちの親や教師や友人や家族や関係者

 に与える影響をちゃんと考えねばならないと考えています。

 やっと自分の苦しみを言葉にし、聞いてもらえる機会が巡って来たとの喜びから
 怒りや憎しみや、されたことされなかったことの、
 3倍返しの非難や批判や侮辱やらの怨讐を語る口調になることはままあります。

 しょうがないんです。恨み溜まってるんだもの。
 そして、
 憎しみも悔しさも恥の感覚も悲しみも。

 でも、こんな形での表現は、破壊しか生みだしません。
 過去の復讐だからです。

 もし、自分がされたように相手を傷つけ貶めようとの気持ちが高まったとき、

 かつて自分に害をなしたその人たちには、
 昔も今も
 親や子どもや兄弟姉妹や恩師や友人や、恋人や職場の上司や同僚や後輩や部下、ご近所の人、その子どもたち・・・
 がいるであろうことに思いをいたすことは大切です。

 そして自分にも!
 スーパーの店員さん、隣近所の人、バスの運転手、ネットの友人、職場の上司・同僚・部下、仕事先の人々、学友など、
 支援者、理解者、隣人など、
 自分の今の暮らしに害なく普通に関わる人たちがいることにも。

 自分の復讐欲によって、それら大勢の人たちへの悪影響が起きるであろうことを。
 自分の言動が新たな不幸を生みだすであろうことを。


 復讐としての語りは、
 未来の希望を語っていません。

 復讐してはならない。
 自分が暮らしやすくなるのに役立つことをしなさい。

 グループで、そう学びました。

 当事者運動は、誰かを不幸にするためではないのです。

 日常の営みに希望を見出すためなのです。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)自助グループ

2018年03月20日

謙虚さが大事だということを学んだ話

 かつて自助グループでともに気づきを得ていた頃の話です。

 そのグループでは「謙虚」ということが最大の価値の1つでした。

 ワレガワレガで自分頼みで生きてきた私聞風坊と仲間たちにとって、

 それはとても真新しい心の姿勢でした。

 だって、我を強くしないと家族から侵略されちゃうんだもの。

 控えめとか謙虚とかって引き下がっていては安全でいられないのだもの。

 親の代わりに自分がなんでも責任を果たさねばならないから、自然と思い上がってくる。

 だって、それぐらいじゃないと、家庭でやってけないのだもの。

 ところが、
 そのために息苦しく、人の世で暮らすことに困難が生じていたのです。

 生き延びるための手段が、生きづらさを生みだしていた。

 これを変えるために必要なことが「謙虚」であることだったのです。

 謙虚に、自分のやったことを振り返り、

 謙虚に、他者の言葉に耳を傾け、

 謙虚に、自分がやれなかったことを受け容れ、

 謙虚に、自分がやらかしたことを認め、

 謙虚に、自分の問題と向き合い、

 謙虚に、他者から学び、

 謙虚に、自己主張し、

 謙虚に、暮らす。

 私聞風坊の当事者活動の根源には、この教えがあります。

 おごらず、現実を引き受けて、自分にできることをし続ける。

 当事者運動の基本と思っています。   
タグ :当事者運動


2018年03月15日

ひきこもりは社会性がないという話

 ひきこもりは社会性がないのだそうです。

 社会常識を知らないとか、

 社会経験がないとか、

 基本的なTPOをわきまえた言動ができないとか

 そんなこんなで、

 ひきこもりに関わる人たちの常識となっているようです。

 ひきこもりは社会性がない。

 ずっと他者・社会と関わっていないのだから

 ずっと他者・社会と関わり続けていられる人たちからしたら、

 社会性がない。

 のでしょう。
 不思議ではありませんね。

 これはこれとして他に、

 社会性を発揮しない。
 または
 社会性が発揮できない。

 という面もあるように思えます。

 社会性は身に付いているけれども、
 発揮したくない。発揮するとヤバイ。もう発揮しない!

 または、
 発揮しようとすると身体が動かなくなる。
 言葉が出なくなる。
 頭が真っ白になる。
 
 そんな場合があるように思えるからです。

 前者の場合、
 相手に寄り添ったり協調したりと社会性を発揮することは、
 社会で生きていくために自分を押し殺すこと。
 なのかもしれません。

 そんな生き方を今までずっとしてきて、どうしようもなくなってこもったのだから、
 もう、二度とこれまでに身につけた社会性は発揮したくない。
 そんな思いからかもしれません。
 
 後者の場合、
 身についた社会性を発揮できないのでしょうね。
 トラウマが邪魔をして。体が思う通りに動かなくて。

 さて、
 社会性がない!
 となると、
 教育して! 適応指導して! 社会性を身につけさせようという意欲がわき起こる人たちがいるようです。

 一部の教育者とか、支援者とか。

 でも、上記のような場合、逆効果かもしれません。

 だって、身に付いているのだもの。
 
 なのに、身に付いてない人として頭ごなしに教え込もうとする。

 すると、
 今度も自分の気持ちに価値を置かれていない。
 分かってもらえてない。
 そんな思いになるでしょう。

 教育効果も支援効果も上がらないでしょう。

 実は以前、
 私も社会性がないとして社会人から怒鳴られたこともありますし、支援者から教育を受けたこともあります。

 私としては、
 社会性を発揮してじっと耐えておりました。

 もちろん教育効果も支援効果も上がりませんでした。

 だって、一方的な言い分ばかりで社会性のない、あーいう人にはならないようにしようと思ったからです。

 そして、次の重要な思いを繰り返し抱きました。

 その人たちが社会性があるとされている社会なんかに参加する気はない!
   
タグ :社会性


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)ひきこもる

2018年03月10日

支援なんかいらないという話を聞いた話

 ひきこもり支援について語るとき、

 支援を批判ときに否定する場合があります。

 確かにひどい支援はあります。

 拉致監禁様の連れ出しは議論のよちはないでしょう。
 これはただの暴力です。

 ここまで到らなくても、
 日本全国でありがちなのは、
 つらい心のうちを打ち明けたら説教されたり、

 責められたりすること。

 全然支援になってない。

 こんな支援もどきの関わりばかりを経験すると、支援そのものを否定したくなると思います。

 さて、このことについて見落としてはならないとても大事な点があります。

 それは、支援を受けたと言うこと。

 いくつも。何度も。何回も。

 それは、こもる人の近くに、またはつながりの中に、

 支援する人がいて、

 こもる人が、
 支援を受けられる環境にいたと言うことです。 

 実のところ、
 私聞風坊は、支援を受けていません。

 支援者がおらず、支援を受ける機会がなかったからです。

 もちろん既存の支援は受けています。

 病院とかカウンセリングとかですね。

 その他、陰に日向に好意を頂いて今に到っています。

 親切な人とたくさん出会いました。

 とてもありがたいことです。感謝しています。

 とはいえやはり、ひきこもり支援は受けていないのです。

 だから、支援を嫌う気持ちはありません。

 支援を嫌うと言うことは支援を受けたという前提があるということ。

 その環境すらない宮崎だったのですね。

 支援を批判・非難・否定する場合は、支援を受ける環境に自分がいたと言うこと。

 支援者がいない土地で独りこもっている人は少なくないこと。
 
 に思いをいたす必要があると思っています。


 そんな環境にいた私聞風坊は、

 支援の機会がなければ作ろう。

 と思い立ち、自助グループを立ち上げました。

 自分が望む支援は自分で実現する。

 ぎばっかたれんでやったもんじゃ。

 わがこつやがね。

 自分でやらんとなんもかわらんが

 九州人の気性が発揮されたのかもしれません。

 ちぇすとー!

   
タグ :支援者


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年03月05日

依存症と生活保護の話

依存症という病があります。

コントロールができない病とも言われています。

飲酒や、パチンコ競馬などのギャンブルやゲーム、薬などの依存症がよく知られています。

飲酒やパチンコなどする際に、自分の行動をコントロールしながら適度に行うということができないのです。

そこで、
依存症からの回復は、依存する行為以外のことをする。ことが重要とされています。
適度にというのが難しいから、その行動をそれ以外の望ましい行動で代替するのですね。

ストレス解消で
飲酒する、パチンコやゲームする、薬を飲む打つ。
のならば、

それ以外のストレス解消法を実践するのですね。

例えば
家族と話す。スポーツする。ストレスそのものの軽減に取り組む。
などです。

とはいえ、
長年慣れ親しんだ行動を新しくするのはとても難しいもの。

だから誰かの協力が必要です。
家族などが新しい行動に協力することが大事です。

一緒におしゃべりする。スポーツする。
依存行動ではなく、健康的な行動をした時に一緒に喜ぶ。
などです。

逆にやってはならないことは、依存行動を助長する行為。
お酒を買う金を与える。一緒にパチンコに行く。ギャンブルの景品・賞金を喜ぶ。薬やゲームを買ってくる。
などです。

さて、依存症はあらゆるものを破壊する病とも言われています。
家族関係、親戚・友人知人・職場の人間関係、
職場
家計
などなどあらゆるものを破壊します。

そうして、
働くことができなくなり、生活に困ることはまれではありません。

金銭的扶助で生活を支える生活保護という制度があります。

依存症状態で生活保護を受けるとすると、
扶助されたお金は依存症という病を支えるために消費されることがほとんどになるでしょう。

このお金は家賃のため、水道光熱費のため、食費のため、だからお酒やギャンブルやゲーム、薬には使わない。
そんなコントロールができないのが依存症です。

つい、扶助金を依存行動に使ってしまう。

では、扶助を止めたらいいのか?
依存症状態の人は生きていけません。
自分の生活・人生のコントロールができない状態だからです。

私たちの身近に、
こんな悩ましい状況があることを知っていることは重要です。
誰にでもこの状況になる可能性があるからです。
  


2018年03月01日

ひきこもると歯を傷める話

 ひきこもり状態にある人は、精神疾患を患っている。

 ということは、そろそろ全国に知られてきたかもしれません。

 ところが、歯や歯ぐきを傷めているということはあまり知られていないようです。

 私もそうでしたが、10年以上、口の中の問題に悩まされていました。

 問題は、虫歯と歯槽膿漏なんです。

 毎食後歯磨きしているのですが、どうしても磨き残しがあって、それが虫歯を引き起こしたり、歯ぐきに炎症をもたらしたりするのですね。

 一般的には、歯医者に定期的に通って、検診やクリーニングしてもらうことで健康を維持するのですが、

 いかんせん、こもっている。

 だから、歯医者に行けない。

 ものを噛む時に痛みをこらえながら、

 昼夜うずきに耐えながら、

 ひきこもり生活を送る。

 そうして、やっと歯医者に行くと、怒られる。

 こんなにして!
 もっと早くに来て下さい!

 歯医者関係の皆さん、

 もし、ケアが十分でない患者が来たら、ひきこもりかもしれないから、優しくねぎらって、ケアを勧めて下さいまし。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。