2018年03月05日

依存症と生活保護の話

依存症という病があります。

コントロールができない病とも言われています。

飲酒や、パチンコ競馬などのギャンブルやゲーム、薬などの依存症がよく知られています。

飲酒やパチンコなどする際に、自分の行動をコントロールしながら適度に行うということができないのです。

そこで、
依存症からの回復は、依存する行為以外のことをする。ことが重要とされています。
適度にというのが難しいから、その行動をそれ以外の望ましい行動で代替するのですね。

ストレス解消で
飲酒する、パチンコやゲームする、薬を飲む打つ。
のならば、

それ以外のストレス解消法を実践するのですね。

例えば
家族と話す。スポーツする。ストレスそのものの軽減に取り組む。
などです。

とはいえ、
長年慣れ親しんだ行動を新しくするのはとても難しいもの。

だから誰かの協力が必要です。
家族などが新しい行動に協力することが大事です。

一緒におしゃべりする。スポーツする。
依存行動ではなく、健康的な行動をした時に一緒に喜ぶ。
などです。

逆にやってはならないことは、依存行動を助長する行為。
お酒を買う金を与える。一緒にパチンコに行く。ギャンブルの景品・賞金を喜ぶ。薬やゲームを買ってくる。
などです。

さて、依存症はあらゆるものを破壊する病とも言われています。
家族関係、親戚・友人知人・職場の人間関係、
職場
家計
などなどあらゆるものを破壊します。

そうして、
働くことができなくなり、生活に困ることはまれではありません。

金銭的扶助で生活を支える生活保護という制度があります。

依存症状態で生活保護を受けるとすると、
扶助されたお金は依存症という病を支えるために消費されることがほとんどになるでしょう。

このお金は家賃のため、水道光熱費のため、食費のため、だからお酒やギャンブルやゲーム、薬には使わない。
そんなコントロールができないのが依存症です。

つい、扶助金を依存行動に使ってしまう。

では、扶助を止めたらいいのか?
依存症状態の人は生きていけません。
自分の生活・人生のコントロールができない状態だからです。

私たちの身近に、
こんな悩ましい状況があることを知っていることは重要です。
誰にでもこの状況になる可能性があるからです。
  




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。