2018年02月25日

フツーになりたいというよりフツーを知りたい話

 カウンセリングなどの支援現場で、

 フツーになろうと頑張る必要はない。

 ありのままでいい。

 というアプローチがあります。

 自分以外のナニモノかになろうと精一杯努力しても、結果が出ず、

 むしろ心と身体を傷めることからです。

 だから、
 フツーになるより、自分になっていくことが勧められますね。

 さて、
 これとは別に、単純にフツーを知りたい欲求があることもあります。

 フツー、どうするの?

 一般的にはどうなの?

 ただ知りたい。

 常識を。

 一般的なやり方を。

 共通の考え方を。

 虐待など、フツーとは違う環境で育った人たちは、この感覚を持っているかもしれません。

 節分って、フツーどうするの?

 ひな祭りって、フツーどんな感じ?

 ただ知りたい。

 なぜなら知らないから。

 フツーに意識を向ける理由は、フツーになりたいだけじゃなくて、

 フツーを知りたいだけのこともあるようです。

 一概に、
 他人のことは気にしなくて、自分の花を咲かせなさい。

 とはいかないことを知っておくことは、支援する時に大事だと思っています。
  
タグ :フツー


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。