2018年02月20日

邪悪がまとわりついている感覚の話

 子どもの頃、オーメンやエクソシストなどのオカルト映画では、

 邪悪に取りつかれた主人公が、周囲の人に害悪をもたらしました。

 その主人公は、悪ではないにも関わらず、行くさきざきで自分と関わる人が不幸になるのです。

 まるで自分が邪悪な存在であるかのように。

 虐待や犯罪被害を受けた人は、自分に関係することで恐ろしいことがしばしば起きるために、

 自分が邪悪だ。

 悪に穢されている。

 悪がまとわりついている。

 と考えている人は少なくないようです。

 だから、
 誰かと関わるのをやめる。

 そう決断している人も。

 私聞風坊もその1人ですが、

 自分の身の回りに、ホントにいろいろな災難がいつもいつも起きるので、人と親密になることを基本控えているのです。

 なんだか邪悪が住み着いている感じ。

 常に邪悪に触れていて、邪悪を常に身近に感じていて、邪悪とともに生活していて、だから自分が忌避される存在であるような感覚を持っていて、

 社会のために。誰かのために。

 近づいてはならない。

 そんな思いを持っていて。

 ひっそり暮らしている被害者は少なくないようです。

 私自身、

 自分の身の回りで怒ったやっかいごとやおぞましいことは、

 親などの周りの大人が引き起こしたことだったことに気づいたのは最近です。
 
 どうしようもないやっかいな人たちにまとわりつかれていたこと。

 に気づいて、少しばかり誰かと近づくことのわだかまりが取れた思いです。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)心理・カウンセリング


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。