2018年01月30日

スーパーマンになることを我が子に求める親の話。

 こもる人の親御さんと話しているとよく感じることがあります。

 弱さを認めない。

 くじけることを認めない。

 つまずくことを許さない。

 降りることに反対する。

 負けてはならない。

 立ち上がらねばならない。
 
 向かっていかねばならない。

 まるでスーパーマンにでも成れというように。

 強く、たくましく、世間でやっていくことを求める。

 スーパーマンなら、機関車を止められるでしょう。

 大型トラックと相撲が取れるでしょう。

 大地にたたきつけられてもすっくと立ち上がるでしょう。

 でも、あなたの子どもは人間です。

 クリプトン星人ではありません。

 地球人。じんるい!

 我が子が、弱さを持った人間であることを認めましょう。

 自分と同じに。

 我が子にスーパーマンになることを求めるのではなく、

 我が子は自分に何を求めているか?

 応えていくことが必要に思えます。 
   




【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。