虐待を受けると脳にも影響が出る話

2017年12月30日

 年末最後の記事は何がふさわしいかとちょっとだけ悩んだ末に、
本の紹介をさせて頂くことにしました。

いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳
(友田明美著 診断と治療社 新版)

です。

 著者が熊本大学におられた頃、宮崎での講演を拝聴しましたが、
 暴力が、心理的・機能的だけでなく脳の部位の大きさにも影響があるという報告に衝撃を受けつつ、
 なぜか納得したことを覚えています。

 以来ずっと研究に期待していました。

 私聞風坊は、過酷な環境で大人になった子どもたちをテーマにしていますが、

 著者の研究によると、過酷な環境で育つと、その環境に適するように脳が発達するのだそうです。

 またその脳機能は、発達障害と同じような特性を持つこともあるのだそうです。

 虐待を受けた子どもの行動特性がADHD(注意欠損多動障害)と診断される。

 というのは割と有名な話ですが、その理由も、本書を読むと納得がいきます。

 特に印象に残ったのは、
 暴力を受けるよりも、暴力を受けている現場にいて見聞きした方が脳への影響は大きいということです。
 ※暴力場面に暴露されたなんて言うそうです。

 殴られてないから大丈夫。
 怒鳴られてないから心配ない。

 ということにはならないようです。

 このことは経験的に知っています。
 暴力場面への暴露はのちのち大きな影響を及ぼします。

 暴力場面に適した脳は、平和な環境では不適応をおこしやすいもの。
 生きづらさの理由の一つが脳にもあるのですね。

 同時に著者は言及します。
 脳の可塑性に。
 平和な環境に適応するように脳はまた発達するのだそうです。

 トラウマケアの大原則は、まず安全・安心。
 その状況を確保することが最優先。

 脳的にもいいみたいです。
 
 まず、今日一日安全であること。安全であったこと。

 安心できる時間があったこと。心穏やかな時間を受け容れること。

 そんなとこから始めるといいみたいです。

 皆さまどうぞ穏やかな年の瀬をお迎え下さい。
  
タグ :虐待暴力


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介トラウマ

社会でやっていく苦悩と喜びの話

2017年12月24日

 ご自分の半生を物語ることで、

 ひきこもりやニートや発達障害やアダルトチルドレンや生きづらさを感じる人たちの苦悩や喜びを

 赤裸々に記した本のご紹介です。

 坂本凌雲(さかもと りょううん)さんの

 『自立への漂流』です。

 ひきこもり関連の当事者本は、自分の内奥を著したものが多いのですが、 ※拙著も同様ですね。

 坂本さんは、家庭や学校や職場での出会った人々と切り結んだ様子がつぶさに記されています。

 他者と関わることがどれほどの困難をともなうのかがよく伝わってくる一書です。

 



 

 
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

不登校・ひきこもりが終わる時の話

2017年12月21日

本の紹介です。

神奈川で活動されている丸山康彦さんがご自分の活動を本にされています。
『不登校・ひきこもりが終わるとき』です。

ご自身の、不登校とひきこもり体験から、一体何が起こっているのか? どうしようとしているのか? どうすればいいのか?
を問い続け、その答えが喩えをふんだんに一冊にまとめられています。

鎧の喩えは、私のPの考えのもとになった皮膚感覚に近いものを感じますし、

なにより本能重視による重荷からの解放は、私が身体重視でやってきたことと共通していると思います。

なるほど、社会に訊くより自分に訊いた方が、自分のためになるようです。
自分には何がいいか、自分こそよく知っているみたい。

自分をアテにした生き方。

がそれなりにできるようになると、他者と一緒にやっていけるのでしょう。



  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

『名前のない生きづらさ』のご案内

2017年07月23日

 書籍のご案内です。

 いわゆる当事者は、いろいろな人たちから、いろいろな名前を付けられます。

 不登校、ひきこもり、ニート、発達障害、

 いろいろな人たちは、医師や教師や専門家や支援者や社会など、

 とにかく、自分たちの見ず知らずの人たちがほとんど。

 そうして名付けられて納得がいっているかというと、

 そうでもない。

 というか、ほとんど納得がいってない。

 なぜか?

 ズレてるから。

 ということがテーマの本です。

 当事者と名付けられた人たちの苦悩、

 不愉快の一端に触れたい方、どうぞお手にとって下さいませ。

 『名前のない生きづらさ』
    (野田彩花・山下耕平著 子どもの風出版会 2017)
 

 
   
タグ :名前


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介

『ぼくんちへおいでよ』のご案内

2017年07月20日

 知人カウンセラーから紹介された本のご案内です。

 『ぼくんちへおいでよ』(野田僾著 文芸社 2016)

 です。

 優しく語りかけてくれる詩がいっぱい。

 柔らかい絵がいっぱい。

 ふっと安らげる。

 そんな本です。

 どうぞ、お手にとって下さいませ。

 
  
タグ :野田優


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)本の紹介