被害者に「100%あなたは悪くない」と言うことについての気づき

2019年11月08日

 DVやイジメや犯罪などの被害に遭った人のケアやサポート場面でよくいわれる言葉であり、支援者研修などで推進されることとして、

 「あなたは100%悪くない」

 があります。

 害を受けた人が、自分が悪いから被害に遭ったんだと、暴力を受けた自分が悪いとして、
自分を責めることをしないように勧める意図があります。

 誰しも、ミスや注意不足はあります。

 だからといって、暴力を受けていい、犯罪に遭っていいということはありません。

 暴力を受けなくていいのですし、犯罪に遭わなくていいのです。

 悪いのは、ミスや注意不足に付け入ったり、端からその人の尊厳を無視して暴力や犯罪をする加害者の方だからなんです。

 とはいえ、100%悪くないという言い方には、少し抵抗がありました。

 なんだか、ミスや不注意をしてもいいという風に聞こえてしまうのです。
 とにかく悪いのは相手なんだから。という風に。

 暗い夜道を無防備に歩いたり、危険地域に出入りしたり、暴力犯罪リスクの高い場面に居続けることをしないことはまずもって大事なことです。

 決して安全が保証されているわけではない日常を生きる私たちは、
 うかつにもリスクの高いことをしてしまわないよう、暴力や犯罪を受けないよう、注意を怠らないようにせねばなりません。

 こんな思いでいたせいか「100%悪くない」の言葉に対して、
 なんだかそういう注意責任がないような、自分の安全のための注意配慮をすることを軽んじるような感覚を持つのでした。
 だから「100%悪くない」という言葉は使いませんでした。

 もちろん、
 暴力する方が悪いのです。あなたが悪いわけではありません。とはっきり言ってはいましたが。

 さて先日、
 この長年の懸案事について、少し気づきがありました。

 被害を受けると、
 もしあの時、自分がこうしていれば相手は暴力をふるわず、自分の身の安全は保てたのではないか?

 そういう思いになりがちなんです。

 自分がどうにかすれば、自分の身の安全、安心は確保できるのではないか?

 自分の心と身体を守るために、自分になにかできたのではないか?

 そう思うものです。

 私は経験的に知っています。

 この思い、
 自分の力を再確認したいためでもあるようです。

 自分に対する影響力を再び取り戻したい。 ※自己効力感

 自分の力がまったく及ばず、
 あまりにも無力で、
 自尊心など粉みじんで、
 屈辱でしかないあのとき、

 なんとか自分にできたことはないか?
 そうならないためにできたことはないか?

 そういう思いからです。

 でも、それはかなわぬこと。
 圧倒的な力は存在します。

 その力の前には、
 屈するしかありません。

 100%なにもできないことはあります。

 相手の尊厳を踏みにじる
 そんな力の使い方は100%間違っています。

 100%悪いのは相手です。

 そして、

 100%相手が悪いのはわかっていても、

 自分の力が100%まったく及ばなかったことを認めることはとてもつらいこと。

 悲しいこと。

 この、いいようのない怒りや悲しみをしっかり感じること。

 それは、きっと回復に役立つのだろう。

 あなたは悪くはない。
 あなたに被害の責任はない。
 の奥に、
 そのときあなたは100%無力だったから。
 という事実があるのかもしれない。

 そんな気づきでした。
  
タグ :加害被害


誰にでも何事にも落ち度はあると思った話

2019年10月05日

 ふと思ったことです。

成功や失敗。
達成や未達成。
勝利や敗北。等、

なにごとかの後、振り返ると、

あの時はヤバかったけど、よく踏ん張って成功できた。
今考えれば、あの時気をつけてれば負けずにすんだなぁ。
なんて思うもの。

そして、そのとき必ず、
なにかしら自分の落ち度は見つかる。

危険が予知できるのに、
暗い夜道を一人で歩いていた。
とか、

朝でがけに、家族の様子が普通と違っていたと感じていた。
とか、

友だちづきあいで、空気を読まない言動が多かったなぁ。
とか。

だからといって、
加害されていいとか、
犯罪被害に遭うのもしようがないとか、
いじめられても仕方がないってことはない。

落ち度があれば、改めればいいだけだ。
害を受けねばならないことはない。


そもそも、
誰かに害を加える権利証は誰も持っていない。

だから、
相手に落ち度があるから加害または制裁してもいいという理屈は成り立たない。

にもかかわらず加害者は加害する。

このとき、
被害者はその加害者の行動をコントロールはできない。
加害するしないの判断から、加害の程度を決めるのは加害者の専決であり、

それを実行するのは加害者であり、
そも実行するからこそ加害者となるのだが、

いずれの過程においても被害者はまったく関与していない。

だから、
加害者の加害行動の責任は、被害者にはない。
責任は、加害者が一身に負っている。

とはいえ、
落ち度を減らし、自分が被害を受けないように気をつけること、
つまり被害リスクを下げる努力は大事だ。

しかしそれは、
加害されないという保証を与えるものではない。

そんな現実を引き受けて自分のためにできるだけのことをする。
それは自分に対する責任だ。

  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

ひきこもりは社会が排除しているだけだろうか?

2019年09月15日

 ひきこもり界では、

 社会が自分たち(当事者たち)を排除している。

 自分たちは社会に入りたいのに。

 だから社会が変わるべきだ。

 という考え方があります。

 私聞風坊はこの説にちょっと懐疑的なんです。

 社会が排除している面はあります。

 この仕事ができなければ辞めてもらっていい。

 この学校のやり方に従えないなら来なくていい。
 という風に積極的に。

 または、
 ひきこもりや不登校や被虐待など困難を抱えるために社会に参加しづらくなっている人を放っておく。
 という風に消極的に。

 こんな感じで、
 社会参加のためのハードルが高く頑強に設定してあって、それをクリアしない人を社会は当たり前のように自分たちの仲間から除外します。

 これは、
 社会が、自分たちのコミュニティ(社会)のメンバーとして、ひきこもりなどの困難当事者たちを想定していないということ。
 
 それは、
 社会が、ひきこもりなどの困難当事者に期待を寄せていないということ。
 
 期待しない。そういう形で無意識に排除している。
 そんな社会の一面はあります。

 とはいえ、
 だからといって、当事者は社会から排除されるだけの存在であり、
 当事者が社会や他者を排除していないかというと、

 疑問なんです。

 当事者も社会や他者を排除しているだろうと思うのです。

 政治を批判し、親を責め、学校を否定し、他者を非難して、

 だから、
 社会は自分が参加するに値しない。として

 自分が社会参加することを想定しない。
 社会に期待しない。

 そんな風に、
 いわば、社会を見限る形で、

 今の社会を、自分の暮らしの想定から排除している。
 そんな気がするのです。

 つまり、
 社会も当事者もお互いに期待を寄せていない。
 自分が関わる対象範囲の想定外としている。

 そういう形でお互いを排除している。

 意識的にせよ無意識にせよ。
 積極的にせよ消極的にせよ。

 その両者の思惑が一致しているからこそ、

 ひきこもりが成立し続けている。

 なんて風に思い出したこの頃です。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

競争社会反対の親は実は競争が好きかもしれない話

2019年09月05日

 不登校の親の方と話することがままあるのですが、

 興味ある展開になることがこれまたままあります。

 普段は、競争するから息苦しくなる、
 学校に行けない人が出てくる。

 みんな違ってみんないいのだから、

 競争しない社会を目指そう、作ろう!

 と、競争や競争を前提とした勝ち負けの社会、

 指標としての順位や、
 
 何時間頑張る!

 そこまで頑張る!

 何個まで頑張る!

 なんて数値目標を決めることに批判している人が、

 我が子が

 テストでいい点を取った!

 一番になった!

 難関校に通った!

 ってことを自慢するのです。

 負けた人の気持ちはちょっと横に置いて。

 心底うれしそうに。

 これが正直な気持ちなのでしょう。

 さて、
 こんな展開をまま目にすると、

 親の人たちは、競争が嫌なんじゃなくて、

 我が子が
 競争に負けるのが嫌なんじゃないかと思うようになりました。

 困難を抱える人は、競争に負け気味なんです。

 なかなか勝てない。勝ち残れない。

 だから、競争することそのものを否定する。

 そんな気持ちなのかもしれません。

 本音では、勝つ喜びを味わいたい。

 きっとそうなんでしょう。
  
タグ :本音勝つ


集団が愚かになる話。『大衆の反逆』を読んで。

2019年08月30日

スペインの哲学者・オルテガの『大衆の反逆』を読んだのでした。
http://www.chuko.co.jp/zenshu/2002/02/160024.html

その感想です。

民衆が主権を持つ民主主義によって独裁政権が生まれ、
第二次世界大戦に突き進みだした頃の著作だそうです。

不満やうっぷんに閉塞感に耐えられなくなり、
これまでのやり方を全否定して、新しいナニカに熱狂して、猪突猛進すると、
手ひどいしっぺ返しを食らう。

だから、
これまでの人類が試行錯誤してなんとかいい世の中にしていこうと奮闘してきた成果である
過去の英知に倣って、

今どうすればイイかをしっかり考えて実行する。

少しずつ改善する。

それが一番着実で改善効果的。

そしてこれは、過去の人々の声を聴き、
過去の人々に思いを致し、
過去の人々に重きを置く。

これはつまり、
他者の声を聴くと言うこと。
その中には過去に生きた人、つまり死者、の声を聴くことも含む。

独りよがりにならず、他者の意見に耳を傾けて、
自分の行動を決める。
そうして少しずつよい方向に歩む。

オルテガの思いを
私は、そんな風に受け止めました。

読後、思いついた言葉は、

温故知新。
古典に倣う。
です。

現在、

自分たちこそ正義であり、知る権利や報道の自由があるからと、
何をしてもいいと思ってるようなメディアや、

科学的なことが一番正しいからと、
科学の常識に当てはまらないことは全部捨て去っていいと考えている科学者や、

科学重視、エビデンス重視がブーム・風潮だからと、過去の一切を否定したり、
例えば、エビデンスの多く比較的新しい認知行動療法のみ価値をおき、
精神療法の開拓者であった精神分析を軽蔑よろしく頭ごなしにけなしたり、

自由にしていい権利があると数に任せて力任せに制度を改変して運用したり、
例えば、抑圧されてきたグループの中で多数派の力を手に入れたので、
今までのやり方、少数派の思いを一顧だにせず自分勝手に行動したり、
果ては少数派を排除したり、

当事者こそ主体なのだから、一番重視されるべきなのだから、
当事者である自分たちは、当事者をこそ名乗れば、
当事者でない者は、自分たち当事者に従うべきだと言わんばかりに
社会に働きかけたり、

そんな、
自分のことばかり考えて他者との協調に心を配らなくなってしまう、
何をしてもいいと自分に許可を与えたかのような、
または、
何者かから許可が与えられたかと錯覚したような、

そんな幼稚な愚かさを戒めます。

そして、
過去の積み重ねがあるから今があるのであり、

未来に誇れる今を暮らしていかねばならないと改めて思うのでした。

独善に陥らず、謙虚に生きる。

自戒します。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと本の紹介