2018年08月25日

カウンターの歴史としてのひきこもり支援 1

 私聞風坊は、ひきこもり当事者として活動して、20年近くになるので、

 ひきこもりについて、ある程度の歴史を語れるようになっています。

 今回は、ひきこもりがどう扱われてきたかを、「カウンターという思いやり」の歴史として振り返る連続記事の最初です。

 まずは、その始まり。

 病気が原因とはいいきれないのに、24時間の内ほとんどを自室で過ごしている人のことを

 社会活動=他者と関わる活動を行っていない。

 社会=集団に参加していない。

 という意味で、「(社会的)ひきこもり」と名づけたのは、斎藤環医師です。

 1998年(H10)のことです。

 しばらくして全国組織の親の会が立ち上がります。
 2005年(H17)頃です。

 親の会は、当初から社会にうったえる活動を行っていました。

 我が子は、
 強迫性障害、被害妄想、人格障害を患っているのに、治療を受けずに家に引きこもっている。
 親だけの力では限界だ。
 社会が手厚く手助けしてくれないともうどうにもならない。

 として、
 社会からの制度的支援(法に基づく支援)を強く求める運動を続けます。

 ひきこもりと言えば当時は、痛々しいほどに病んだ若者。というイメージでした。

 (関係者の頑張りで)
 このイメージが一時日本を席巻しました。

 すると、
 イヤ、そんなことはない!
 とプロテストする意識が生まれるのは理なのでした。

 こもる人は病気じゃない。働いていないだけなんだ!
 です。

 あまりにも病気のひどさが強調されすぎた感を持ったのでしょう。
 ひきこもりの若者の尊厳を回復する意味合いで、
 老舗の若者支援民間団体が新しい運動を展開しはじめました。

 この時期、
 少子化が問題視されはじめたことや、バブル崩壊の影響もあり、労働人口の減少が問題となっていました。
 社会としては、労働力の確保=納税者の確保が急務となっていたのです。

 そんな社会情勢下、
 各種若者支援団体の働きかけが奏功し、
 働かない若者数十万人は、
 日本の将来的コストとなりうる社会問題だと社会が認識するようになりました。
 若者が納税者にならずに、生活保護等の社会保障費の消費者・タックスイーターとなる懸念です。

 年長者たちは自分たちの老後に不安を覚えました。
 納税している若者たちも同様の不安を覚えました。自分たちの稼ぎで多数の日本人を支えないといけない!

 加えてその頃、南蛮渡来のニートの概念が導入され、
 ほどなく、この概念に取り込まれる形で、
 「ひきこもりは働いていない若者」である。
 の認識が燎原の炎のごとく日本中に広がりました。

 ひきこもりは精神的に病んでいる子どもたちから、
 就労に困難を抱える若者たちであるニートに衣替えしました。

 (関係者の頑張りで)
 この時から、ひきこもり支援は就労支援が主軸となったのです。
 最初のカウンターです。

 (関係者の頑張りで)
 国も予算を組みました。

 お金が入る! というので、
 就労支援者が雨後の竹の子のごとく発生しました。
 
 こうして、
 ニート支援に象徴される
 10代~30代・若年者への就労支援は注力され、
 若年者への就労意識、就労教育の重要さも確立しました。
 学校にキャリアサポート部門ができたり、学校に企業が出向いて講話したり、
 卒業後(退学後)の進路保証に力が入れられはじめました。
 これらは今に続いています。

 でも、
 ひきこもり支援の効果は上がりませんでした。
 ※ひきこもり関係者は予想していたことだけど。

 支援効果のなさは、
 のちの8050問題と呼ばれる高齢化問題につながっていきます。

 2009年(H21年度)、合宿型の就労支援事業である若者自立塾は事業終了となりました。

 少なくともひきこもり支援としての若年者就労支援ニート支援は、
 この頃に終わりを迎えたと考えられます。

 ※とはいえ、サポステなどの若年者就労支援はもちろん現在でも継続しています。とても大事だもの。

 この項続く。

参考サイト
聞風坊の図書館 https://sites.google.com/site/monpubou/
 論考のページなど  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年08月21日

ひきこもり支援と言えば就労支援だったそうな2

 前記事の続きです。

 現在ひきこもり支援は、困窮者の枠でなされる割合が強くなっていますが、
 お金(と気力)がないことを大前提とした長年のひきこもり支援の知見は、困窮者支援にも活かすことができます。

 困窮の場合は、
 軽々しく、病院に行こうと言えません。
 不登校を受け入れている学校があります。
 専門校に行ってPCスキルを身につけましょう。
 とも軽々しく言えません。

 通院も通学も2つともお金がかかるからです。

 また2つとも途中でやめる可能性が低くないからです。
 せっかくお金を工面したのに・・・。となりがち。
 
 そんなこんなで、
 とにかくまず、今自分につながったのだから、自分にできる限りのことをする。
 そういう心構えが必要なのです。
 
 ホントは病院に行って治療した方がいいのだけど、
 ホントは学校に行ってやりたい勉強をやった方がいいのだけど、
 なかなか難しいから。

 今ここでできる限りの支援をする。
 そういう心構えです。

 心と身体の応急手当てをしたり、
 福祉制度を一緒に検索したり、
 自分の立場で何がどこまでできるかを模索しながら支援します。

 そんなこんな経験から、

 ひきこもり支援は、こもっている人や家族が、つながった人がやるしかない。
 さしあたりは。

 と思っています。

 なぜなら、
 その人しか信頼していないからです。世界広しといえど。

 さらに、
 困窮者支援の視点から言うと、
 交通費やサービス利用するお金が十分でないからです。
 ※よりよいところを紹介されてもなかなかつながらない。

 今その場でつながった人ができる支援をする。しかない。
 ※支援者目線で言うと、自分の目の前にいる人、電話の前、メール画面の先にいる人を、今その場で支援できるのは自分のみ。

 ということは、
 高齢・障害福祉も医療もピアも教育も心理も法律も司法も就労も雇用も近所づきあいもアイドルグループも定時ニュースで必ずきちんと挨拶してくれるNHKのアナウンサーも。支援者になると言うことです。
 ※もちろんニーズにマッチすれば。
 
 それは、専門家に限らず誰でも支援できるということです。
 逆に言うと、幅広く手助けが必要と言うことです。

 つまり、
 ひきこもり支援は、総合支援なのです。

 だから、
 支援者には、総合力が要るのです。

 もし、
 個人で力不足ならばネットワークを作ります。

 個が結集することで総合的な支援力が確保できるからです。
 ※組織が結集する必要性もあるでしょう。

 就労面の支援だけでなく、
 こもる人を多方面から支える、手助けする。

 こもる人への支援には、この総合態勢が必要です。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年08月20日

ひきこもり支援と言えば就労支援だったそうな

 少し前に個人的に判明したことです。
 個人的にリサーチして。
 
 かつて、
 ひきこもりの支援と言えば、就労支援だったそうです。
 ある意味、現在でも継続されているそうです。
 知りませんでした!!!

 これは、全国的な話なのでしょうか?
 少なくとも東京圏ではそうだったようですが。 

 私自身のことを思い返せば、
 ひきこもり自助グループを仲間と立ち上げてやっていた頃に、

 若者自立支援の名目で、宮崎の若者支援現場が動き出して、
 そこに自らアクセスして、NPOに所属して支援に関わることをやり始めたのが2005年。

 ひきこもりを対象の一つにしていましたが、その団体の意識としては無業の若者であるニート支援でした。
 
 当時はひきこもり=ニートと認識されていた時代だったからです。

 その環境下、

 ひきこもりとニートは違います! とNPO組織の内部で言い続け、

 働きたくなった、働く場面に意識が向いている人の(そういう人に限り)就労支援をするように意見し続けた記憶があります。

 働く気力がわかない人に就労支援をしてはならないという意味も含んでいます。

 この頃は、当事者活動ばかりやっていた時期なので、
 当事者の声を届ける役目に意欲満々! 
 な思いの強さが影響していたようです。

 そんななので、
 話せるニート当事者がいるということで、地元マスメディアの取材もたくさん受けました。
 地元ニュース番組にも出ました。コミュニケーション障害のニートという設定で。
 
 正直なところ、特段就労に意識は向いておらず、そんなこんなを事前の打ち合わせで細かく意見交換したにも関わらず、コミュニケーション障害の就労に悩む若者としての取材でした!
 ※社会が求める当事者イメージを引き受けた!

 私はすでにそれなりに社会の仕組みを知っていたので、
 メディアは自分たちの意図に合うようにインタビューを編集するだろうから、
 そうならないよう腹をくくり取材を受けました。

 若者は高度経済成長から始まる現代社会の犠牲になっている。

 学校教育で個性を尊重されなかったことが原因だ。

 みんな働きたいんだ。働く機会がないんだ。

 みんな自己肯定感が低いんだ。だから自己肯定感を上げる支援がイイんだ。

 みんなコミュニケーション障害だ。コミュニケーションの練習が最優先だ。

 メディアが用意したそういうありきたりの結論に持っていかれないように。
※さぞ、取材しづらかったでしょうね。かわいげのない当事者だもの。

 さて、
 ニート支援は別の言葉で言うと若年者就労支援となります。
 一言でいうと若者支援です。

 私が身を置いていた宮崎市の若者支援界では、
 サポステや、若者自立塾や、
 若者の支援をしている人たちのネットワークである支援者ネットなどが徐々に立ち上がっていきました。

 民間団体みんな連携しました。
 若者支援・若年者就労支援=ニート支援という意識で。
 
 最近では、
 若者ではなく、老若男女、当事者・家族区別せず困難を抱える人へ何か手助けをする「その人支援」という形になってきています。

 こんな感じで、
 2000年代初頭に始まった宮崎の若者支援ですが、
 この間ずっと、ひきこもり支援はなかったと私は認識しています。

 私のまわりの支援者は、
 こもる人も含む「若者を支援している」感覚だったからです。

 とはいえ、すでにもう高齢化が取り沙汰されていて、
 私自身も若者と呼ばれるにはちと心苦しい中年にさしかかっていたので、
 ほどなく高齢化の問題にも視点を向けるようになりました。

 でも、どこから手を付けていいのか分からない!
 高齢化と言っても介護問題とはちょっと違う。
 はてさてどうすると困っていたところ、ふとひらめきました。

 子が高齢となれば、親も高齢なので、親の福祉サービスをひきこもり支援の入口にしよう!
 逆転の発想です。

 すぐさま、
 当時市内2ヶ所しかない地域包括センターにアクセスしました。

 予想通り福祉現場の人は居宅しているサービス利用者の子どもと思われる誰かをどこにつなげればいいかで悩んでいました。

 これはもう、若者支援と言うより親子二代支援の様相です。

 支援のカテゴリーで言うと、
 介護支援、生活支援、医療支援・・・となるでしょうか。

 そんな暮らし向きだからお金がたくさんあるということを前提にできません。

 だから、
 お金のかからない支援法でやっていかねばならないのです。
 そして、今すぐ取りかかれる支援でなければなりません。

 社会と距離を置いている時間が長い分、支援する期間も長くなるでしょうし、
 親も子も高齢なので、不登校支援でありがちな「焦らずゆっくり」なんて悠長なことは言えないからです。
 
 そこから、
 今、使える制度を利用してやっていく。
 という発想が生まれました。
 新しい制度を組み上げる時間と労力がもったいない。
 それは誰かに任せて、現場の支援者は現場のことを考える。

 支援者のネットワークもこの発想をもとにしています。
 
 実のところ、
 現有制度を組み合わせれば、なかなか頼りになるのでした。

 この記事続く。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年07月25日

人の存在価値には差があると思った話

 あらゆる人に、この世に存在する価値があるというのは、誰しもが共有する価値観だと思います。
 ※実感のあるなしは別として、「まぁ、そう言われているからそうなんだろうな」と思う人も含めて。

 それを踏まえた上で、価値には大小の違いがあると思ったのです。

 単純な話、
 大統領と一般人では影響力の差があります。

 両者の言動によって、影響を受ける国の数、人の数がだいぶ違います。

 そういうことから、大統領の方に価値が大きいと思われます。

 ※ちなみに、一般人が大統領になると価値が増大しますね。
 これができるのが民主主義。

 身近な話、
 大事な人だからあの人にいてほしい。

 と思うとき、その理由はなんでしょう?

 私たちにいい影響を与えるからと言う理由は大きいと思います。

 どうも私たちの考え方では、

 社会的な影響度が人の価値の大小に直結しているようです。

 私たちが社会的な生き物で、社会をとっても大事にするからなのでしょう。

 都合、
 社会の役に立たない人の価値は小さくなります。

 こう考えると、
 人は社会の役に立ってない感覚を持っていると、自分の価値を小さく感じることになります。
 なかには、ほぼゼロと感じている人もいるでしょう。

 価値はあります。大小の差があるのです。実感として感じているのです。

 そのため、自分の価値を上げるには社会に役立つ存在になることが必要です。

 それは、社会の要望に応えると言うことです。
 自分の思いを横に置いて。

 親、教師、友人、会社、地域住民、みんなの役に立てば立つほど自分の価値は上がります。

 必死に頑張ります。
 自分のことを差し置いて。
 
 もし、
 限界が来て、頑張れなくなったとき、自分の価値は小さいままで社会から取り残される。

 そんな思いでいる人は少なくないでしょう。

 そこから自分の価値を大きくするには、
 なにかしら社会的な役目を果たすとなるでしょうか。

 役立ち感は価値がある感に直結しているようです。

 役立ち感。それは、

 路上掃除でもいい。
 家事をやるでもいい。
 健康になるでもいい。健康な姿を周囲に見せるでもいい。健康法を伝えるでもいい。

 
 社会的な価値と人(自分)の価値の大小についての話でした。
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年05月26日

働けないと税と公共サービス受益の話

 続きです。

 働かないから納税しないけど公共サービスは受けている状態をどう受け止めるかについて考えてみました。

 こういう状態をタックスイーター(Tax eater)なんて侮蔑的に呼ぶこともあります。
 ちなみに税金を納める人はタックスペイヤー(Tax payer)ですね。

 注目したのは、

 働かないでいい!

 の言葉の奥の気持ちです。

 働かなくていい。
 全然問題ない。
 働くなんてありえない。
 なんて風に働くことを馬鹿にした思いから発された言葉のようには感じないのです。

 むしろ働くことにとても価値を置いている。
 働くことの大事さを知っている。
 だからこその発言のように思えるのです。

 そこから私は、

 働かなくていいよ。って言ってほしい。

 そんな気持ちがあるように感じました。

 そしてそれは、

 働けないのだから。

 を意味しているように思えます。

 働かない!
 として、働かずに受益だけを目指しているのではなく、

 働けない!
 ってことを言いたいのではないか。

 そう思うのです。

 働けない!
 税金も納められない!

 それほど、
 社会で傷ついてしまったのかもしれません。

 そんな心の痛みをどうにも感じてしまいました。

 さて、こう考えてくるならば、
 
 社会から

 ある意味無条件に優しくされていい。

 と思えてきます。

 働かなくても、

 納税しなくても、

 社会は最低限の健康と安全は守ります。
 サービスは提供します。

 差別なく。

 能力があるなしに関係なく。

 生産性があるなしに関係なく。

 社会貢献度が高い低いに関係なく。

 あなただから。

 そんな自分なんだ。

 それぐらい甘えていいんだ。自分って。

 この社会に属している自分って。

 社会から優しくされる価値があるんだ。

 ここにいるだけで。

 生きているだけで。

 そんな社会の中にいるんだ。

 そんな人たちの中にいるんだ自分って。
 
 そもそも、思いやりで成り立っている社会にあって、
 思いやりどころか、ひどい仕打ちばかり受けてしまったのだから、
 少しぐらい、優しくされてもいいい。
 大目に見られてもいい。

 せめて公共サービスぐらい気兼ねなく受益してもいい。

 それでいいように思えます。

 私聞風坊には、こもっている最中に支えになる一文がありました。

 働かなくていい。
 今は回復することが仕事だ。

 この一文を胸に回復ばかりを考えて30代を過ごしてきました。
 
 十分なほどに回復すると、
   ※実際は快復だったり変化成長だったりしますが、
 働けそうな気がしてきます。不思議と。

 そんな心の状態になったら、実際に働けます。

 となると、自動的に所得から直接納税することになります。※もちろん応分です。
 タックスペイヤーになります。

 社会的活動が増えると消費も増えるので消費税納税の面からも納税額が上がります。
 
 働いて収入を得ることばかり、
 税金を納めることばかりが仕事ではありません。

 自分の心と体を健康に保つ。
 ということも、
 私たちが担っているものすごく大切な仕事なのです。

 働かなくていい。
 今は快復するのが仕事なんだ。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年05月20日

仕事がデキないのは、女だから or 男だから の話

 性による差別・不当な扱い。つまりジェンダーの話です。

 問題があるとしてよく取り沙汰されるのが、

 女だから仕事がデキない。

 男だから繊細な仕事はむいていない。

 などの、仕事の向き不向きの判断基準が性別、性差という問題です。

 反証としては、

 仕事がデキる女の人はいる。

 繊細な配慮のデキる男の人はいる。

 があり、女だから、男だから「仕事がデキない」という理由は否定されます。

 生きていく上、仕事していく上で、身に付いたスキルだから、
 性別にはあまり関係ないのでしょう。

 ところがここでちょっとひっかかる事態が生じます。

 実は、
 女だから、男だからというのは、「仕事がデキない条件」になります。

 裏を返せば、
 女でなければ、あの人は仕事がデキたろうに。
 男でなければ、もっと配慮できたろうに。

 みたいな意味を含みます。

 今、この条件が取れて、性差なく、性別関係なく、

 ただ一点、

 デキない。

 に焦点を合わせると、

 女であっても、男であっても・・・

 となります。

 性によって役割・能力を決めつけ、固定するジェンダーは望ましくありません。

 その一方で、ジェンダーは、使い方によって利益になることもあるようです。
 
 女だから自動車の運転が苦手ということで、上手であるはずの男に運転を任す。
  ※運転が上手になる努力をしなくてすむ。嫌いな運転を任せられる。

 男だから、配慮のいる仕事は女に任す。
  ※ご近所づきあいする努力をしなくてすむ。気遣いの苦労から解放される。
 
 女だから、男だから、デキない仕事があるのは当たり前だ。
  ※デキないことなんだから頑張る必要はない。楽でいい。

 利益があるから、ジェンダーはありつづけるのかもしれません。 
 
   
タグ :ジェンダー


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年04月15日

仕事についての当事者本人の心境の短い記事

 例えば、3年間働いている当事者本人の、現在の心境は、およそこんな感じです。

 3年仕事してる。

 3年辞めていない。

 3年クビになっていない。

 まだ、仕事できてる。

 まだ、辞めていない。

 まだ、クビになっていない。

 まだ、無職でない。

 まだ、仕事がある。

 まだ、働けてる。

 でも・・・。

 どうせ・・・。
  
タグ :就労支援


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと

2018年03月05日

依存症と生活保護の話

依存症という病があります。

コントロールができない病とも言われています。

飲酒や、パチンコ競馬などのギャンブルやゲーム、薬などの依存症がよく知られています。

飲酒やパチンコなどする際に、自分の行動をコントロールしながら適度に行うということができないのです。

そこで、
依存症からの回復は、依存する行為以外のことをする。ことが重要とされています。
適度にというのが難しいから、その行動をそれ以外の望ましい行動で代替するのですね。

ストレス解消で
飲酒する、パチンコやゲームする、薬を飲む打つ。
のならば、

それ以外のストレス解消法を実践するのですね。

例えば
家族と話す。スポーツする。ストレスそのものの軽減に取り組む。
などです。

とはいえ、
長年慣れ親しんだ行動を新しくするのはとても難しいもの。

だから誰かの協力が必要です。
家族などが新しい行動に協力することが大事です。

一緒におしゃべりする。スポーツする。
依存行動ではなく、健康的な行動をした時に一緒に喜ぶ。
などです。

逆にやってはならないことは、依存行動を助長する行為。
お酒を買う金を与える。一緒にパチンコに行く。ギャンブルの景品・賞金を喜ぶ。薬やゲームを買ってくる。
などです。

さて、依存症はあらゆるものを破壊する病とも言われています。
家族関係、親戚・友人知人・職場の人間関係、
職場
家計
などなどあらゆるものを破壊します。

そうして、
働くことができなくなり、生活に困ることはまれではありません。

金銭的扶助で生活を支える生活保護という制度があります。

依存症状態で生活保護を受けるとすると、
扶助されたお金は依存症という病を支えるために消費されることがほとんどになるでしょう。

このお金は家賃のため、水道光熱費のため、食費のため、だからお酒やギャンブルやゲーム、薬には使わない。
そんなコントロールができないのが依存症です。

つい、扶助金を依存行動に使ってしまう。

では、扶助を止めたらいいのか?
依存症状態の人は生きていけません。
自分の生活・人生のコントロールができない状態だからです。

私たちの身近に、
こんな悩ましい状況があることを知っていることは重要です。
誰にでもこの状況になる可能性があるからです。
  


2018年02月23日

【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります

NPO法人みやざき教育支援協議会(メスカ)さんが、恒例イベントを開催します。
今年は、発達障害や、困窮やその他いろいろな困難を抱える子ども・若者の
支援のあり方をいろいろ考えるシンポジウムです。

皆さん、どうぞのお運びを。

日時 平成30年3月3日(土) 13:30~16:30
場所 宮崎県福祉総合センター本館セミナールーム(宮崎市原町)

案内チラシ↓



  
タグ :メスカ


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(1)告知社会のこと

2018年01月15日

ニワトリより卵が先じゃないかという結論でした。

 正月早々していたかというと、

 長年の疑問に一応の答えを出したのでした。

 その疑問とは、

 ニワトリが先か卵が先か?

 です。

 先にニワトリが生まれて、それが卵を産んだのか?

 それとも先にニワトリの卵が現れて、そこからニワトリが生まれたのか?

 ですね。

 ダーウィンの進化論は、

 進化というのは、たまたま生まれたこれまでとはちょっと違った種が、

 環境に適応して生き残ったために、

 その種が主流となった。

 みたいな考えらしいのですが、
これにのっとると、

 ニワトリになるであろう卵が突然出現した。

 となるのだろうと思うのです。

 後にニワトリと呼ばれるところの、

 新しい種の卵が

 当時存在したニワトリ的な生物からたまたま生まれた。

 と考えると、

 その卵は、ニワトリ的な生物から生まれたのであって、

 決してニワトリから生まれたのではない。

 むしろ、卵から生まれたと考えるのが妥当。

 となったのです。

 つまり卵が先。

 という答えにたどり着いて、スッキリしたのでした。

 よっぽど暇だったのかしら。
  
タグ :ニワトリ


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)社会のこと


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。