2018年04月05日

批判をする時の腹構えの話

 突然始まった当事者運動腹構えシリーズです。
 
 おごらず謙虚であること。

 過去に関わった人や現在関わっている人へ配慮すること。

 に続いては「批判」の心構えです。 

 概ね被害者意識を持っている当事者は、

 他者や社会に対して批判的です。

 親に対して、教師に対して、医療者に対して、支援者に対して、社会に対して、
 ときに攻撃的なほどに批判的です。

 さてその一方で、
 自分への批判はどうでしょう?

 例えば当事者への思いやりがないと相手を批判する際、

 自分はそんな相手への思いやりはあるだろうか?

 配慮なく批判だけしていないだろうか?

 と自分の行動を批判することはとても大事です。

 自分がやろうとしている行動をきちんと批判したその上で、しっかりと相手(の行動)を批判します。

 さて、
 この批判の仕方、実は、

 どうしたらよりよくなるか?

 という問いが含まれています。

 相手や自分をけなしたり貶めたり攻撃したりするためではなく、
 よりよくするための提案や要望をするために、批判するのですね。

 私は人前で鼻をほじるのはやめた方がいいと思う。
 なぜなら、君は気づいていないかもしれないけど、鼻をほじっているとき、君はスンゴイ顔をしているからだ。
 だから、人が見ていないところで存分にやったらいいと思うよ。


 自他をよくするため。
 
 これが当事者運動の本質と思っています。

 よりよい関係を築くため、

 よりよい社会にするため、

 批判という手段を使って、提案要望する。

 当事者運動で批判を行う際の心構えでした。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる自助グループ

2018年04月01日

訪問支援アウトリーチの難しさの話

 不登校やひきこもりの支援として、必ず、間違いなく、絶対に、なにがあろうと、話題に上るのが、

 訪問・アウトリーチです。

 家にこもっているのだから、支援者が家に訪問して、

 こもっている人に接触する支援法ですね。

 一見、筋が通るようなのですが、

 当事者本人としては最低最悪の支援法ともなるのです。

 心底人と関わるのが嫌だから人生投げ打ってひっそりとこもっているのに!
 人の気持ちなど無視して、強引に会おうとするのだもの。

 とはいえ、
 そんな、支援者のしつこい思いに負けてか、

 外に出だすことはあるのでしょう。

 訪問すると登校する。
 外に出る。

 ようになる人はいるのでしょう。

 でも、裏を返せば、
 訪問しないと登校しない。
 外に出ない。

 のかもしれません。

 ひょっとすると、
 訪問してきたら外に出ればいい。
 訪問してこないなら家にいればいい。

 そう学んでいるかもしれません。

 こうなると、
 自分の力で外に出てやっていく。

 いわゆる自立の役には立っていません。

 支援者が、一生懸命、何年も寄り添って訪問を繰り返してやっと一緒に外出するようになったけど、
 支援者の、都合がつかなくなって訪問できなくなったら元の木阿弥。
 これまで取り外に出ない。
 となる場合は容易に考えられます。

 こうならないためには、

 その人が、外出(登校)したいという気持ちを手助けするために。
 訪問する。

 という訪問者の心構えがいるかもしれません。

 そうして、自力で外出ができるようになってきたら、
 だんだんと訪問する必要もなくなってくるでしょう。

 訪問が逆にこもることを助長しているかもしれないよ。
 という話でした。
  
タグ :訪問


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる不登校

2018年03月15日

ひきこもりは社会性がないという話

 ひきこもりは社会性がないのだそうです。

 社会常識を知らないとか、

 社会経験がないとか、

 基本的なTPOをわきまえた言動ができないとか

 そんなこんなで、

 ひきこもりに関わる人たちの常識となっているようです。

 ひきこもりは社会性がない。

 ずっと他者・社会と関わっていないのだから

 ずっと他者・社会と関わり続けていられる人たちからしたら、

 社会性がない。

 のでしょう。
 不思議ではありませんね。

 これはこれとして他に、

 社会性を発揮しない。
 または
 社会性が発揮できない。

 という面もあるように思えます。

 社会性は身に付いているけれども、
 発揮したくない。発揮するとヤバイ。もう発揮しない!

 または、
 発揮しようとすると身体が動かなくなる。
 言葉が出なくなる。
 頭が真っ白になる。
 
 そんな場合があるように思えるからです。

 前者の場合、
 相手に寄り添ったり協調したりと社会性を発揮することは、
 社会で生きていくために自分を押し殺すこと。
 なのかもしれません。

 そんな生き方を今までずっとしてきて、どうしようもなくなってこもったのだから、
 もう、二度とこれまでに身につけた社会性は発揮したくない。
 そんな思いからかもしれません。
 
 後者の場合、
 身についた社会性を発揮できないのでしょうね。
 トラウマが邪魔をして。体が思う通りに動かなくて。

 さて、
 社会性がない!
 となると、
 教育して! 適応指導して! 社会性を身につけさせようという意欲がわき起こる人たちがいるようです。

 一部の教育者とか、支援者とか。

 でも、上記のような場合、逆効果かもしれません。

 だって、身に付いているのだもの。
 
 なのに、身に付いてない人として頭ごなしに教え込もうとする。

 すると、
 今度も自分の気持ちに価値を置かれていない。
 分かってもらえてない。
 そんな思いになるでしょう。

 教育効果も支援効果も上がらないでしょう。

 実は以前、
 私も社会性がないとして社会人から怒鳴られたこともありますし、支援者から教育を受けたこともあります。

 私としては、
 社会性を発揮してじっと耐えておりました。

 もちろん教育効果も支援効果も上がりませんでした。

 だって、一方的な言い分ばかりで社会性のない、あーいう人にはならないようにしようと思ったからです。

 そして、次の重要な思いを繰り返し抱きました。

 その人たちが社会性があるとされている社会なんかに参加する気はない!
   
タグ :社会性


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(2)ひきこもる

2018年03月10日

支援なんかいらないという話を聞いた話

 ひきこもり支援について語るとき、

 支援を批判ときに否定する場合があります。

 確かにひどい支援はあります。

 拉致監禁様の連れ出しは議論のよちはないでしょう。
 これはただの暴力です。

 ここまで到らなくても、
 日本全国でありがちなのは、
 つらい心のうちを打ち明けたら説教されたり、

 責められたりすること。

 全然支援になってない。

 こんな支援もどきの関わりばかりを経験すると、支援そのものを否定したくなると思います。

 さて、このことについて見落としてはならないとても大事な点があります。

 それは、支援を受けたと言うこと。

 いくつも。何度も。何回も。

 それは、こもる人の近くに、またはつながりの中に、

 支援する人がいて、

 こもる人が、
 支援を受けられる環境にいたと言うことです。 

 実のところ、
 私聞風坊は、支援を受けていません。

 支援者がおらず、支援を受ける機会がなかったからです。

 もちろん既存の支援は受けています。

 病院とかカウンセリングとかですね。

 その他、陰に日向に好意を頂いて今に到っています。

 親切な人とたくさん出会いました。

 とてもありがたいことです。感謝しています。

 とはいえやはり、ひきこもり支援は受けていないのです。

 だから、支援を嫌う気持ちはありません。

 支援を嫌うと言うことは支援を受けたという前提があるということ。

 その環境すらない宮崎だったのですね。

 支援を批判・非難・否定する場合は、支援を受ける環境に自分がいたと言うこと。

 支援者がいない土地で独りこもっている人は少なくないこと。
 
 に思いをいたす必要があると思っています。


 そんな環境にいた私聞風坊は、

 支援の機会がなければ作ろう。

 と思い立ち、自助グループを立ち上げました。

 自分が望む支援は自分で実現する。

 ぎばっかたれんでやったもんじゃ。

 わがこつやがね。

 自分でやらんとなんもかわらんが

 九州人の気性が発揮されたのかもしれません。

 ちぇすとー!

   
タグ :支援者


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年03月01日

ひきこもると歯を傷める話

 ひきこもり状態にある人は、精神疾患を患っている。

 ということは、そろそろ全国に知られてきたかもしれません。

 ところが、歯や歯ぐきを傷めているということはあまり知られていないようです。

 私もそうでしたが、10年以上、口の中の問題に悩まされていました。

 問題は、虫歯と歯槽膿漏なんです。

 毎食後歯磨きしているのですが、どうしても磨き残しがあって、それが虫歯を引き起こしたり、歯ぐきに炎症をもたらしたりするのですね。

 一般的には、歯医者に定期的に通って、検診やクリーニングしてもらうことで健康を維持するのですが、

 いかんせん、こもっている。

 だから、歯医者に行けない。

 ものを噛む時に痛みをこらえながら、

 昼夜うずきに耐えながら、

 ひきこもり生活を送る。

 そうして、やっと歯医者に行くと、怒られる。

 こんなにして!
 もっと早くに来て下さい!

 歯医者関係の皆さん、

 もし、ケアが十分でない患者が来たら、ひきこもりかもしれないから、優しくねぎらって、ケアを勧めて下さいまし。
  


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年02月10日

欲にまみれた支援をしてはなりませんの話

 カウンセラー

 相談員

 教師

 医師

 看護師

 セラピスト

 コンサルタント

 弁護士

 柔道整復師

 鍼灸師

 心理士

 サポーター

 支援員

 などなど、

 誰かの手助けをする人たちがいます。

 生業にしていたり、金銭的に無償であったりして。

 その時に肝に銘じていなければならないことがあると思っています。

 それは、自分の欲をよくわきまえていること。

 人助けをしたい。

 この子の笑顔が見たい。

 この子にもっと喜んでもらいたい。
 
 病に打ち勝ってもらいたい。

 権利を大事にしてもらいたい。

 もっと儲けてもらいたい。

 感情を介抱してもらいたい。

 認知のゆがみを直してもらいたい。

 などなどの思いは、すべて、

 支援者側の欲です。

 相手の思いからまったく独立した支援者の勝手な願いです。

 支援の動機がその人にこうあってほしいという願いであったとしても、

 それを相手に押しつけることをしてはなりません。

 相手を自分の欲を叶える道具にすることになるからです。

 この思いはときに、

 私が誰かにご飯を食べさせたいから、ご飯を食べていない子どもを探す。

 そんなことにもなりがち。

 支援者は自分の欲にまみれた支援をしてはなりません。

 自分の欲とよく折り合いをつけて、相手と向きあう必要があるでしょう。

 
  
タグ :


2018年02月08日

【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ

 あさってやります!

 2/10(土)の午前10時から午後4時半頃まで

 宮崎市立図書館隣の宮崎市総合福祉保健センター2階視聴覚室でやります。


 午前中は、専門支援職向けの内容です。

  仕事でこもる人と関わる人向けですね。

  宮崎ではとっても珍しい機会ですね。

  不肖、私聞風坊が一コマ持たせて頂きます。

 午後は、一般向けの内容です。

  家族はどう関わればいいかについてに軸になりそうです。

  発達障害、学習障害についても触れるようです。

 実のところ1日参加された方がより実りが大きいと思いますが、

 午前の部はショッキングな内容もあるかもしれませんから、本人やご家族関係者の方はご承知置きくださいませ。

 チラシはこちら↓




  
タグ :フォーラム


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる告知不登校

2018年02月05日

依存症・DV・貧困・ひきこもり・不登校などが平等な話

 アルコール依存症

 DV・家庭内暴力・デートDV・虐待

 貧困

 ひきこもり

 不登校

 などの出来事、状態、問題、困難は、

 差別なく、誰の身にも、どの家庭にも、どんな状況でも起きるということを

 前提とすることは重要だと思っています。

 宗教家の家庭でも、

 教師の家族でも、

 医師の家でも、

 弁護士の家族でも、

 公務員の家庭でも、

 良妻賢母と言われる人の家庭でも、

 里親を拝命している人たちであっても、

 差別なく、区別なく、平等に発生します。

 だから、
 社会的に地位があるからと言ってヒドいことをしない、起きない。

 という思い込みは捨てる必要があると思っています。

 社会的に信用があり、人助けを生業にしていて、多くの人から頼られていたとしても。

 その家庭で何が起きているか、その人たちが何をやらかしているかはまったく別のこと。

 見過ごしてはなりません。 
   
タグ :DV暴力虐待


2018年01月30日

スーパーマンになることを我が子に求める親の話。

 こもる人の親御さんと話しているとよく感じることがあります。

 弱さを認めない。

 くじけることを認めない。

 つまずくことを許さない。

 降りることに反対する。

 負けてはならない。

 立ち上がらねばならない。
 
 向かっていかねばならない。

 まるでスーパーマンにでも成れというように。

 強く、たくましく、世間でやっていくことを求める。

 スーパーマンなら、機関車を止められるでしょう。

 大型トラックと相撲が取れるでしょう。

 大地にたたきつけられてもすっくと立ち上がるでしょう。

 でも、あなたの子どもは人間です。

 クリプトン星人ではありません。

 地球人。じんるい!

 我が子が、弱さを持った人間であることを認めましょう。

 自分と同じに。

 我が子にスーパーマンになることを求めるのではなく、

 我が子は自分に何を求めているか?

 応えていくことが必要に思えます。 
   


Posted by 聞風坊 at 06:00Comments(0)ひきこもる

2018年01月21日

【告知】不登校・ひきこもりフォーラムやります。確定!

 先日ご案内した不登校・ひきこもりフォーラムのチラシが完成したので、
 改めてご案内します。

 支援職に伝わらない。伝えられない。

 子どもに伝わらない。伝えられない。

 親に伝わらない。伝えられない。

 学校に伝わらない。伝えられない。

 保護者に伝わらない。伝えられない。

 児童・生徒学生に伝わらない。伝えられない。

 職場に伝わらない。伝えられない。

 不登校・ひきこもりには、必ずついて回る
 伝わらない、伝えられないもどかしさをなんとか軽くする方法を一緒に考えたいと思っています。

午前は、専門職向け。
 ※そのため、当事者本人や家族の人にはきつい内容にかもしれません。

 宮崎ひきこもり地域支援センターさんと
 障害者就労のLITALICOワークス宮崎さんと
 聞風坊
 がお話しします。

午後は、一般向け。
 往診家族療法の水野昭夫医師と
 困り感のある子どもと親のサークルのスマイルクラブさんと
 障害者就労のLITALICOワークス宮崎さん
 がお話しします。

 皆さま、どうぞのお運びを。

フォーラム内容は↓


↓ひきこもりネットの情報は


  


Posted by 聞風坊 at 19:00Comments(2)ひきこもる告知不登校


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。